画像: 2017初夏の京都、嵐山(1)大堰川を望む高級宿の大人カフェ「茶寮八翠」

2017初夏の京都、嵐山(1)大堰川を望む高級宿の大人カフェ「茶寮八翠」

京都と湖北への旅は梅雨入りした数日後。でも西に行くにつれ、晴れ間が広がり初夏のようなお天気に。岐阜から滋賀あたりかな?車窓からの田園風景。この季節ならではの自然美ですね。
のぞみから地下鉄に乗り換え四条で下車。阪急の烏丸駅のロッカーに荷物を預け、桂で乗り換え嵐山へ。嵐山へ阪急で行くのは初めてだったのですが、少し歩く代わりに嵐電周りのような混雑もなく、知らない風景も楽しめてよかった!
桂川に流れ込む小川?の橋を渡ると、嵐山公園です。
嵐電側からだとこちらに来ることはほぼないので、たまには阪急から歩いてみるのもおすすめです!
とても写真に収まりきらない、大パノラマに感動です。
さて、ホントはここから天龍寺→竹林の道→亀山公園→松籟庵→翠嵐→宝厳院というコースだったのですが、編集の都合上翠嵐を先にご紹介いたします(^^)
松籟庵から大堰川べりを下って渡月橋にむかうと、途中路地に入る道があります。私たちはノープランで、嵐電の駅に向かうにはこの辺りから入るといいかな?とテキトーにその道に入ったのですが、すぐ左になんと「翠嵐ラグジュアリーコレクション」を発見!
もっと向こう(松籟庵の先)で、星のやのように船の送迎と思い込んでいたので、駅から歩けるんだーと少し驚きました。
星のやに遅れて同じ大堰川沿いに出来た高級宿。星のやと比べたいから、一度泊まりたいなと思っていたのです。
川べりの茶寮八翠は、11時から17時までの営業。他の時間帯は宿泊者専用かしら。予約制のアフタヌーンティーは、辛いものが多くお酒と楽しめるスナック的なものらしいですよ❤︎
わたしはかき氷!塩ミルク一種で、ミルク氷に塩、ゆずや抹茶のシロップがついてきました。。どの味も最初はうーん。。。でしたが、そのまま食べるとなかなかでした(^^)
テラス席は気持ちいいけど、これからの季節は日焼けも気になるし暑いと思います。中も悪くないですよ❤︎景色は同じように見えます。
茶寮八翠を出て左に見えるのが、宿泊棟。川べりじゃないけど、高さはあるし。。。景色はどうなのか気になります!
オットの頼んだ白ワインはおつまみも何種かついてかなりおトク感が。このロケーションをかんがえるとお値打ちです。かなり人気があるようですので、予約がベター。また伺いたいです。

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.