画像: ミシュラン寿司「姫沙羅」で締めて、バイバイ札幌!

ミシュラン寿司「姫沙羅」で締めて、バイバイ札幌!

ホテルから歩いて向かったすすきの。昨年の札幌はまだ桜が咲いている頃、モリエールを訪ねあと北海道神宮から円山公園をあるきましたが、今回は大通公園にすら行く時間がなくて残念!
遅めのお昼をまずはスープカレーエスにて。昼やっていてすすきので、美味しそうなところということで選びました。初スープカレー!サラサラでスパイシーで美味しい❤︎次からはスープカレーも食べあるこうかな??
続いて道産ラムもいただける、人気店へ。狸小路のはしっこです。ジンギスカンではないとの噂ですが。。。
おお、これは!?
なんと焼き場?まわりに客が座るスタイル。囲炉裏を囲むあの感じ。私は七輪でしたが、他の方は二人以上なので、向こうからこちらに網を渡して、下から炭をおこして焼いてましたね。
二階にはグループ客が案内されていました。
北海道産サフォークラムのモモ、ロース、野菜をオーダー。バーベキューというか、フツーに羊焼肉ですね。
珍しいリードアニョーを追加。子羊の胸腺らしいです。よく焼くと弾力のあるしらこみたい!
羊が好きで好きでたまらないけど、タレで食べるものはそれが好みに合うか合わないか、ですね。お肉もですが、タレってすごく大事。
お値段の割にボリュームもあり、店員さんがみんな若くて親切。解凍肉だからか?提供にはやや時間がかかります。生肉にこだわる「いただきます」とのお値段の差はそこかもしれません。
タレの味の調整ができないのは残念。地元の方は丼とか食べていましたね。
最後は姫沙羅(ひめしゃら)。え、こんな?という雑居ビルの中にあります。でも中は綺麗ですし感じのいいご夫婦がされています。日本酒は一律千円で、出てくる順に組み合わせやすいようにメニューに載せてあり親切です。
つまみ、すし、つまみ、すし。江戸前、熟成の高級寿司。甘い卵焼きやデザートがないのも嬉しい!そのぶんを飲ませるつまみで出してくれる感じです。ホント、つまみがまた素晴らしいんです。
撮影は禁止。怖いオヤジさんなのかなーと思いきや、もうそれはそれは愉快な方で。でも握ってすぐ食べずにいると優しく注意されてる方がいました。天ぷらとお寿司はわたしも待ち構えていて食べる方で、特にお寿司は手でいただくこともあるものですから写真は撮りません。
この店ではボタンエビとウニが名物ですが、ボタンエビは意匠登録までしているそうです。今まで行った札幌のお寿司屋さんでは一番好き。また行きたい!
予約の取れない一幸さんも気になりますが振られっぱなし。早めに旅の予定が立てられないわたしには厳しいですね。。。
夫へのお土産。いろんな種類がある空弁ですが、無添加でシンプルな佐藤水産のこれが最高!
札幌みやげはこちら。
翌日届いた佐藤水産のものはこちら。しばらくお魚は買わなくて良さそう!
定番のロッキーサーモンとほたてっぴは楽しみに食べています。もうなんども行っていて欲しいものもなく、東京で買えるものも多いからスイーツはゼロ。大丸で買った白老牛の切り落としと切り口から水が滴りそうな新鮮さのアスパラ、佐藤水産の生のトキシラズは最高でした。
次はいつ行けるかな?京都の次に住みたいまちが札幌。そのくらい大好きなところです!

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.