画像: カレーゲームですよ(スマートフォンアプリ マサラドライブ)乗車率1000%。

カレーゲームですよ(スマートフォンアプリ マサラドライブ)乗車率1000%。

みなさんはゲーム、やりますか?
いわゆるビデオゲーム。スマホのゲームアプリ。
カレーですよ。
ゲーム、ボクも昔夢中でやってましたねえ。ゲームセンターには結構かよいました。
家庭用ビデオゲーム機はそんなに色々なプラットフォームを渡り歩いたわけじゃなく。
ファミコン、スーパーファミコンにプレイステーション。ここまでかなあ。モバイル系ハードはゲームボーイくらいか。あれは変な外付けハードがあったのでそれで。カメラユニットとプリンターなんてのがあったんだよね。あと、その「もの」としての魅力でゲームボーイミクロ。それくらいかしら。スマートフォンアプリでのゲームもそんなに熱中したことは多くないです。
でもこれは気になった。
「マサラドライブ」
いきなりタイトルで気になるじゃないですか。
iOSもAndroidも対応しているスマホアプリのゲームです。
これがね、なかなかいい。ぶっ壊れ具合が心地いい単純ゲーム。バスを運転して道にいる乗客たちをドンおドン乗せて行って距離を稼ぐというもの。ほら、昔し温泉とかデパートの屋上にあったでしょ。ビデオゲームじゃないドライブゲーム。ハンドルがついててそれがガラスの箱の中の模型自動車に繋がってて。道がゴロゴロとスクロールしてその上を運転していくあれ。あれのスマホゲームinインド、という感じのものです。
まずね、デザインがイカしてる。
ニセヒンディ語っぽい文字デザインもいいし、随所にニセインド感を盛ってあります。「ニセ」の空気をうまく匂わせるこの楽しさ。こういうのは好きですねえ。
そして音楽がかなりイカしてる。
これはもう聴いて欲しいです。やたら盛り上がる。やたらゴージャス。ゲームをやめても頭の中でこのBGMがずっとグルグル回り続けます。いい、これいい。雰囲気出てます。
場面転換の時に聴こえるフレーズもいい。全部いい。
ゲーム的には単純なんですが、でもこういうの何度もやっちゃうんだよねえ。ハンドルグリグリ回して右左に動いてお客をどんどん乗せて。マサラターボをかけて加速して、とかそういうの。
うーん、これはいいんじゃないか。
人気カレー店の店頭で順番待ちをしている時の時間つぶしにぴったりなゲームであると言えましょう。
やってみてね~無料だよ~
http://bonusstage.net/masala/
http://www.4gamer.net/games/376/G037677/20170406113/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
http://www.tabearuking.com
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等は iizka3@gmail.com
(@を小文字にて)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
2016/1/1、著書「カレーの本」が刊行されました。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69) / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら http://about.me/hapi3
Instagramはこちら。 https://www.instagram.com/hapi3/
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。カレー中心。 http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ 「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

blogs.yahoo.co.jp

This article is a sponsored article by
''.