画像: 「飯田橋 主水の極上カツ丼」

「飯田橋 主水の極上カツ丼」

おそばのお店、飯田橋の主水へ行ってきました。
この日は次の旅先の資料をもらいに行って、どうまわろうかと頭がぐるぐる。
とりあえず落ち着こうとお店へ入ったら、この日の一番客でした。
このお店は数年前ですがすき焼き丼で人気が出たお店。
ただお蕎麦のお店なのでね。。。と思いつつも、カツ丼へ走る私の精神性ったら。
極上カツ丼到着。
この日は松阪豚を使っているらしい。
いつもかどうかはわかりません。
細長く切った白ネギがたっぷり、卵と共にごはんの上に乗っかり、さらにその上に揚げたてのカツがそっと置かれています。
煮含め感が少なくて、とんかつとしてのサクサクも味わえる丼。
ロース独特の、赤身のシルキーな柔らかさとふちの脂の甘さがおいしい。
しかし分厚いですね!
実は脇役のネギが非常にいい甘さを出していて、
シャキシャキと完全に火が通っていないのに全然からくありません。
ごはんにしみ込む出汁の量も程よい良い。
お味噌汁もアツアツ。このお店は何を食べても美味しいお店なんだ、とわかる。
なぜ店名が「主水」という名前なのかなと思ったけど、<わからない>の一言でした...
社長が中村さんだから「主水」って付けたというお店もあって、そういう答えを期待してたのがバレバレだったかな...(笑)
---

love.exblog.jp

This article is a sponsored article by
''.