画像: 泉橋酒造、蔵元佳肴へ訪問@海老名

泉橋酒造、蔵元佳肴へ訪問@海老名

先日、神奈川県海老名市にある、泉橋酒造へ。3度目の訪問となりますが、今回はインバウンド誘致の可能性を広げていければとの想いもあり、ご紹介も兼ねて。海老名駅から車で5分、海老名インターから10分程で、湯河原や箱根に行く途中で、立ち寄り可能な場所にありますし、東京から勿論日帰りでもOK泉橋酒造は、”酒造りは米作りから”をモットーに、栽培醸造蔵として、山田錦、雄町、亀の尾など自社栽培、蔵の目の前に広がる田んぼはじめ、相模川沿いの広い地域で米作りをしています。今年の田植え準備も始まっていましたよ。蔵の中は酒造りもひと段落し、瓶詰め、火入れ作業をしていましたが、これから出すスパークリングのガス圧がいつもより強かったからか、先週一部火入れ中に、瓶が爆発して大変な事態になったそうで...。ですので、対策として今年の小瓶夏酒スパークリングは生酒中心となるようです。実は昨年、海老名駅前に泉橋酒造直営のレストラン、蔵元佳肴がオープンし、そちらに伺うのも目的の一つ。ここではコース料理のみで、殆どが神奈川県産の食材。一つ一つの料理に合ういづみ橋を、最適な温度、器で出してくださいます。オリジナルの酒器、盃台まであり、お燗酒もサービスの方が注ぎやすいよう工夫がされています。店長兼料理長の根本真さん、仙台から橋場社長がヘッドハンティングされただけあり、本当に美しく美味しいお料理の数々!根本さんもいづみ橋がお好きだからということもあり、いづみ橋の特徴をよく踏まえた上でお料理を考えているので、それはもう合わない ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.