画像: 西麻布フレンチ「Azur et Masa Ueki アズール エ マサウエキ」5月のディナー

西麻布フレンチ「Azur et Masa Ueki アズール エ マサウエキ」5月のディナー

2017年3月 東京・西麻布に、ワイナリーフレンチレストラン「AZUR et MSAUEKI( アズール エ マサウエキ)」がオープン. シェフはフレンチの鬼才と称される植木将仁シェフ。ワインはカルフォルニア ナパバレーの名門AZUR WINES(アズール ワインズ)が中心。店内は想像以上に広く、ダイニング、半個室、個室、と人数や状況によって多種多様に可能、 仲良しの 藤森もも子ちゃんと伺いました。驚いたことにもも子ちゃんのご子息(6歳)も「個室なら大丈夫ですよ」とご一緒させていただきました。 マダムに思い切って伺ってみたのですが、嬉しい〜。なかなかフレンチって子供さんOKではないので・・・ 植木シェフも2歳のそれはそれは可愛いお嬢様がいらっしゃるので、レストランとお子様、お子様お連れのご家族のお気持ちがわかって頂けるのかも。。。 さてお料理は11品任せのフルコース 一言で言うなら「熱い思い」でしょうか。植木シェフの情熱、愛情、様々な思いがお料理を通じて伝わってきます お料理は全て華やかで目に楽しい。それでいて食べるとスッと馴染む。日本や国産食材へのオマージュをきちんと感じられる点が嬉しい ●幸いなる出会い 海山大地の恵み、魚肉野菜のアミューズからスタート 明石のハタ、ホワイトアスパラガスのババロア仕立て、本州鹿スモーク トマトはキャラメリゼされ、中にはラタトゥイユ ●甘美なる憂愁 シェフのスペシャリテのひとつで。フォアグラと活牡丹海老、ショコラ 憂いも哀愁も全て甘美に調和する、一口に4種の食材を合わせて頂くのがおいしさのポイントだと思う●潮騒 昨年の佐賀で開催された料理世界学会でお見受けした「棚田」をイメージして焼かれたお皿この日は平貝とミモレットのグラニテと天然のいちごのブールブラン こちらは、ご一緒した藤森もも子ちゃんのご子息(6歳)用に。海老フライ、緑色はふわっふわの穴子です。おいしそうだったなー。笑 植木シ ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.