画像: ワカヌイ・ラムチョップバー(麻布十番)

ワカヌイ・ラムチョップバー(麻布十番)

昔、僕はパクチーが苦手だった。
草むしりのときのドクダミを思い出したり、カメムシを食べてる気になったり。
しかしある日、パクチー好きな兄から、日本一美味いタイ料理があるからと、阿佐ヶ谷「ピッキーヌ」に連れてかれ、そこで食べたパクチーが美味すぎて、大好物に変わった。
本当に美味いものを食べると苦手が変わる。「食わず嫌い王」でも、そんな話しはよく聞く。
で、麻布十番の路地裏に、ラムチョップがめちゃくちゃ美味い店があると聞いて、
あえてラムが苦手女子を連れていく。
ある意味、勝負。
行くとホールの方、僕のことを知ってるというので、なんだか気分がよい(笑)
聞けば、かつて番組でお世話になった元AWキッチンの方だった。
この店自慢のラムチョップ、4種類あるのを1本ずつ一通り食べる。
いきなり美味い。
めちゃくちゃ美味い。
美味かったのを、おかわり。
パン粉まぶしたラムカツ風と、バーベキューソース。
何本でもイケる。
シラーの赤が合う。
苦手女子が、初めてラムが好きになったと感動している。
それが、何よりもの美味い証拠だ。
メインは頼まず、ひたすらラムチョップを食らう。
余談。
苦手なものを好きになるときは好きになる気持ちに勢いがつく。
俺のことも、ついでに、、、なれよ(笑)
俺なりのラブチョップ。
なんだそれ。
何本でもイケる。
シラーの赤が合う。
デートや合コンにオススメ。

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.