画像: ネパール民族料理 アーガン (AANGAN)@新大久保

ネパール民族料理 アーガン (AANGAN)@新大久保

どうも!
今月は特に忙しい姫です。
「まかないフェス2017」がありますからね^^
先日、忙しい合間に、
仲間と新大久保のネパール料理店に食べに行ってまいりました。
トゥ
外観
新大久保の賑やかな大通り沿いで、ビルの2階にあります。
店内は、異国情緒溢れていて、
ほとんどアジア系のお客様でした^^
パクチー&トマトのサラダ
ここにも大好物があるとは!
しかもクリーミーなドレッシングの味付けが良かったです。
ククリラムのソーダ割
ネパールのラム酒をソーダで割ったものです。
洋菓子に使うのではなくドリンクとして甘くしてないから
お料理にぴったりでした。
大根の漬物
日本の漬物のような塩分濃度ですが、
余韻が辛くてはまりました。
ネパール風米粉のパンケーキ 肉バラ
ネパールのパンケーキは粒子の細かい豆などをまぜて
作るんですよね。
スイーツではなくお食事なんです。
香ばしい生地に、お肉とこってりしたソースがあってました。
スープモモ
ネパール風餃子です。
普通のと揚げとスープから選べました。
もちもち生地のモモがスープに入った個性的なお料理でした。
パニプリ
これ、マニアックだと思います^^
薄くてサクサクの生地の中に、サモサの中身みたいな具が入っていて、
酸味がある冷たいスープを注いで食べるのです。
夏場とか特に欲するであろうお料理でした。
ネワリカザセット
干し飯 , 緑豆 , マトンのスパイス和え , ジャガイモのスパイス和え ,
青菜炒め , タケノコ
というったネパールならではの定食スタイルでした。
全部を混ぜ混ぜして食べるのです。
干し飯や豆が硬いから混ぜてよく噛んで食べます。
特にマトンの辛さが激しくて、やみつきになりました^^
マトンカレーとご飯
さらに、マトン!
肉々しいマトンは、濃厚な味で、〆ご飯のおともにピッタリでした。
ラルモン
とても甘いミルクのデザートをいただきました。
おれまた、パニプリに続いて初体験でした☆
食を通じて、ネパールのことを学ぶ良い機会となりました。
そして、この後、韓国料理店にはしごしました♪
新大久保 食でネパールを 旅してみた ~姫心の俳句より~
▼店舗情報▼
所在地:東京都新宿区大久保2-32-3 リスボンビル4F
TEL:03-6233-9610

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.