「都電荒川線 最強・一日乗車券で平澤かまぼこ、島忠、王子神社」

都電荒川線に乗ってみよう!と友達とお出かけした3月初旬。
ほんとうは花が咲く季節がいいんでしょうけれど、思い立ったが吉日ですからね♬
聞いたことがない駅もあるなぁ。(画像は東京都交通局より)
それにしても一日乗車券、最強です。
都電荒川線はどんなに乗っても定額という都営バス方式ですが、
大人170円に対し、一日乗り放題は400円。行って帰ってしたって340円かかるわけなので
相当お得です。
しかも後でわかったことなのですが、あらかわ遊園地にもこのチケットで入場できました。
乗り物代は別ですけれど、入場するだけならこのパスで入れます。
最初に降りたのは「庚申塚」。
巣鴨地蔵通り商店街の巣鴨駅の真反対になるんですね。
ここでは私たちを追っかけてきてくれて、炊き立てごはんのおにぎりくれたお店「北前船のカワモト」で酢昆布買いました。
おにぎりに混ぜ込まれていたひじきも美味しかったので購入ですよ。
福井県のお店ですって。私今度、福井行くので楽しみ。
北陸は北前船で北海道から運んできた昆布の文化が根付いているのですよね。
猿田彦神社でも知らないおばあさんに話しかけられ。。。易者の方だったようですが。
お百度参りとかすごい。。巣鴨いろいろすごすぎ。
さてまたまた都電に乗り次の駅へ。
どこで何をするかは行き当たりばったりです。
車窓から見つけて通り過ぎてからも「あのお店行ってみたい!」と足で戻ったりを繰り返しますw
ちなみに駅とは呼ばず、停留所って言うんですよね。
纏最中の看板見て、お店へ行ってみることに。
最中はつぶあんでかつパリパリが好きです。
それなのっ、にっ。。。
がーん...!
。。。っと思ったら、中から開けていただきましたよ。
臨時休業なんだったのか。
東京の人の「纏(まとい)・江戸の火消し」押しってすごいな。
なんとか江戸の火消し文化の火を消さないようにって、思ってるんかな。(う、うまい...)
このお店の名物「纏最中」。
実は巣鴨の猿田彦神社にも纏を表す看板ありました。
今回のぶらぶらとは関係ないけど、品川神社にも碑があります。
最中はおうちで食べることにします。
向かい側の小さなおせんべいやさんにも立ち寄り。
固いおせんべいを久しぶりに食べた!じんわりとお醤油が美味しかったです。
さてまたまた電車に乗って今度は良く知ってる駅、王子駅でぶらり途中下車。
ここはしっかり「駅」と呼べるくらいの規模。
お昼を食べていなかったので憧れの平澤かまぼこへ行ってみました。
王子にはなんども来てるけど、平澤かまぼこには立ち寄ったことがなかったの。
昼の絵ではない...(笑)
雰囲気でおいしい。
お隣で飲んでいた人に王子神社について教えてもらい、
その足で王子神社へ行きました。
そういえば王子神社は「東京十社めぐり」のひとつ。
2012年に巡った時、王子神社は行かなかったのでちょうどいい。
しかも同じメンバーだ!
立派です!
東京の神社はやっぱ派手だな・・・(^^;
本殿もちらっと見えました。
お稲荷様。
王子はきつねのお祭りがあるんですよね!
大変立派な神社でした~
さてまたまた電車に乗りまして、次に降りたのは梶原。
商店街へ立ち寄りました。
小さな商店街で道は広いもののちょっと静かな印象。
お魚の島忠でアジフライをいただきます。1枚200円。
このアジフライがめっっちゃ美味しかった!
身が厚くてふっくら。
魚のプロが作るアジフライはやはり違う・・・!
ソースか醤油か選んで、かけてもらってその場で。
そしてまたおにぎりもらった・・・。
荒川車庫前にも立ち寄り、
あらかわ遊園地にも。
小さな子供たちでいっぱい!
ここだけすんごい人でした。お天気だったしね。
動物もいたりして、小さな子は1日楽しめると思う。
安いし!
あらかわ遊園地の近くで人生初めてのたこせんを経験。
お父さんがひとりでがんばっている。
お客さんも結構くるくる。
食べ方わからなかったけど、食べてると結構上手に食べられるもんだわ。
もうだいぶん時間も夕方に近づいてきたので、そろそろ最後にしようと。
途中、煉瓦の建物があってすごく気になったけどそのままスルーで最後の駅、三ノ輪までゴー。
ジョイフル三ノ輪(アーケード商店街)へ。
まー一言で言って物が多い!安い!楽しい~
すんごい美味しそうなお総菜やさんは大人気でした。
餃子専門店は黙々と餃子作り。
買って食べてみたけど感想はなし。。。
すごいいい路地がありましたね。
いい飲み屋もありましたが今回はおあずけ。。
ほぼ調べずに乗った都営荒川線の旅。
まぁもうちょっと調べておいても良かったかもだけれど、なかなか楽しかったです!
次の旅は世田谷線かな、どこにしようかな~
終点。
---

love.exblog.jp

This article is a sponsored article by
''.