画像: 2017春のお彼岸、京都旅(8)ロテル・ド・比叡〜朝食

2017春のお彼岸、京都旅(8)ロテル・ド・比叡〜朝食

延暦寺での朝のおつとめが終わると、お迎えのバスに乗り宿に戻ります。私たちはすぐに朝食を予約していました。
レストラン会場は、昨夜のダイニングスペースの隣。こちらはすりガラスではなく全面ガラスで、琵琶湖はさほど見えませんが十分な絶景です。
すぐに木のトレーでセットが運ばれてきました。比叡ゆばのサラダ、地元牧場のミルクで作ったヨーグルト、比叡山の湧水「弁慶水」でつくったゼリーあたりが特徴的でしょうか。
焼きたてパン。ワインのようなのみものはジュースです。
温かなものはしばらくすると運ばれてきます。
これを待つ間、また食事後もゆっくり楽しめるのが各種ドリンク。星野リゾートになるまては、スパークリングワインが出されて朝シャンを楽しめたのですがそれはなくなっていました。代わりにドリンク類がセルフサービスになったのですね。
オリジナルの完熟ほうじ茶は、温かなミルクをたっぷり入れてラテに。合うんです!ラテなんて滅多に飲まない夫が気に入ってお代わりしていました。
私が目をハートにしたのが、京都ローズという緑茶ベースのお茶。アフタヌーンティーやライブラリーとお茶をフリーでいただける機会や場所はほかにもありますが、なんとこのフレーバーティーだけは朝食会場でしかいただけません!
しかも宿で販売もなく、今現在ネットで探しまくりましたか見つかりません。。。これもホテルに問い合わせなくては。
チェックアウトは12時。早めに出て延暦寺のお参りを優先するか迷いましたが、宿をとりました。ちなみに延暦寺をすべて回るにはやはり午前中から動かないと難しいです。
朝食後、おみやげを買いに。
オリジナルのほうじ茶は紅茶に似た風味の「完熟」、独特の発酵風味がクセになる「熟成」をたくさんと、近江特産の赤こんにゃくを無添加でたいたお惣菜も試しに買いました。
このあとゆっくり、と思いきやまだあともうひとつ楽しいアクティビティが待っているんです(*^^*)

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.