画像: しまごん(磐田市)

しまごん(磐田市)

実家のヒデコ(母、でぶ)から届いたうなぎを早速食べる。
ヒデコは、47歳にもなった息子の僕に電話をしてきて、誕生日のお祝い、何が欲しいと聞くので、
「うなぎ」と答えたらすぐ送ってきたのだ。
毎年この時期、ヒデコから誕生日の電話がくると、
鬼(嫁)に「マザコンおやじ」とバカにされるので、
そのやりとりを聞かれないようにしてるのだが、結局バレる。
昨年は、「あ、ヒデコうなぎか、よし食っちまおうぜ」と
僕の留守中に家族に食べられてしまったので、今年は早めに手をつけておくことにした。
鬼(嫁)は、うなぎに何の思い入れもないので、任せるとフライパンで焼いたり、
レンチンしてしまう。これだと美味しくない。焦げ目もないし、香りも立たない。
だから家うなぎは自分でやる。
僕は、この、しまごんの家うなぎで育った。
実家でヒデコがしていたようにやる。
あらかじめ魚焼きグリルに火を入れ、中の温度が上がってから、白焼きうなぎに日本酒を霧吹きし、まずは空焼き。
少しふっくらしたら、ハケ(我が家はシリコン製)でタレをつけては戻し、
つけては戻しを何度もやる。こんがり焦げ目がつくまで。
僕はやや焦げてるほうが好き。
うなぎでヨダレが出る理由はメイラード反応(焦げ)にあり。
これが美味い。その辺のうなぎも、こうして食べると、かなり美味しくなるが、
しまごんの白焼きだと、さらにハイレベルに。白焼きから焼くから美味い。
鬼のように、グリルの後片付けを面倒がって楽してはいけない。
焼いたうなぎを硬めのコメにのせ、山椒をふりかけ。
ぬか漬けのお新香と味噌汁と。
最高だ。
PS
「うなぎ」という表記は、「鰻」と書くと堅苦しく、
「ウナギ」と書くと「ウサギ」みたいで料理感が半減する。平仮名が好き。
ちなみに、料理ライターの世界で「たまご」の表記は、料理したものは「玉子」で、割る前、材料の状態は「卵」だと聞いたことがある。なので「卵サンド」でなく「玉子サンド」が正解
僕的には、老舗は「鰻」、家うなぎはうなぎ、泳いでるのはウナギ。かな?

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.