画像: カレーですよ番外編(ニコ生 ドキュメンタリストの穴)新作映画『BiS誕生の詩』のカンパニー松尾監督とカレー。

カレーですよ番外編(ニコ生 ドキュメンタリストの穴)新作映画『BiS誕生の詩』のカンパニー松尾監督とカレー。

少し前のことですが、とても嬉しいことがありました。
カンパニー松尾監督にお会いできたんですよ。光栄です。
カレーですよ。
友人に映像、ストリーミング関係の仕事を持つ頼りになる男がおります。彼が声をかけてくれました。「カンパニー松尾監督と対談やるけどちょっとカレーで教えて欲しいことがあるんだけど」うむむ、そんなの一も二もなく協力するってば。
叙情派AV監督として知られるカンパニー松尾監督。実はものすごいカレー好きなのです。
監督の作品をたくさん知るわけではなく恐縮なのですが、96年の著書「素人娘ジャパン」というのがありまして。カレー関係書籍の中でもボクがとても大事にしている本。カンパニー松尾監督の確立したジャンル、「私を女優にしてください」シリーズでもお馴染みのテレクラハメ撮りという 作品があります。映像を撮りながら東北から北海道を旅するという本です。そんな本があることに驚いて、帯に書いてあったキャッチコピー、「セックスカレーロックンロール」をそのままに、しかし監督の作風でもある叙情を忘れぬ構成の本。そのばでしびれて買いました。下北沢のビレッジバンガードだったっけかなあ。その中に出てくるカレー店を今でも訪ねて行って見たいと思っています。今では松尾監督、アイドルのBiSちゃんたちのドキュメントを撮ったりテレクラキャノンボールという作品が劇場公開になってサブカル女性ファンが押し寄せたりと大活躍。夢に持っていた松尾監督をお呼びしてインタビューをする、対談イベントをやる、なんてのはどんどん遠い夢になっていたところでした。
友人のお願いというのは松尾監督が出演する夜の番組内で食べるカレーの手配。どうやら激辛がテーマの様子。激辛店を探すか?でも初めからというのは趣旨が違うらしく、デスソースをかけて辛くするためそれを快くオーケーしてくれるお店を探しているらしいんです。
まかせといてちょうだい!辛くしても味の破綻がないカレー自体の実力、この企画意図を理解して協力くれる懐の広さを持った店主の店。デリバリー可能な店。大丈夫。僕には
「美智子カレー」
という強い味方がいます。
美智子カレー、新中野のカレー特異点とも言われるお店。現在宅配オンリーにシフトしつつあります。マスターにメッセージ一発。快諾です!サイコーだよ美智子カレー。
諸々がさっさと決まり、友人から「で、当日どう?おいでよ。横で見てていいから。」とね。ああ~なんということだー!
そんな流れで当日、スタジオにお邪魔をして、美智子カレーマスターを待ってカレーを受け取って。放送前にカレーをご馳走になって本番を待ちます。あ、やっぱりうめえ、美智子カレー。うーん、やっぱり好きな味だ。一応デスソースなぞかけてみたり。ウゲー!!カライ!!当たり前だけどすげー辛い!!
なんてことをしているとそろそろ本番前。おお! 松尾監督きたぞ。
飄々とした雰囲気はまさに雑誌で見たことのあるそのまま。うーん、感慨深い。
一言だけ挨拶を差し上げて、本番スタート。番組の名前は、
「ドキュメンタリストの穴」
http://ch.nicovideo.jp/DQ-ana
まさにドキュメンタリスト。松尾監督の作品はドキュメンタリズムに溢れていますから。ニコ生配信という形でストリーミング配信の番組。
番組が始まり、挨拶の後カンパニー松尾監督が早速カレーです。まずデスソースをかけずにひと口。「濃厚!」感想が飛び出します。友人が美智子カレーのことを聞いてくれています。うれしいな。
話しは新作映画『BiS誕生の詩』について。アイドルグループのBiSちゃんたちのドキュメントフィルムです。その中で、辛い辛いデスソースがかかっているBiS合宿の食事、デスソース仕込みの話しが出ています。BiSちゃんたちは料理にティースプーン一杯入れてたとか!おいおい、それ大変だよ。BiSとSiSの話しなんかも出て興味深いです。
しかしカンパニー松尾監督がアイドルのドキュメントを撮ってるというのは面白いよなあ。それもテレクラキャノンボールのフォーマットを使うという。なるほどと思わせます。
BiSちゃんたちのデスソースに対する頑張りはすごかったみたい。いや、すんごい辛いもん。僕もさっき美智子カレーにかけて食べました。しびれました。
友人が「マルコムマクラーレン&ヴィイアンウェストウッドとセックスピストルズの関係性である」なんて言ってます。おお、なんかなるほど、カッコイイ!
そんなこんなで通して全部お話を聞いてしまった。すごい満足感です。
帰り際、友人が松尾監督を紹介をしてくれました。
大事に持っている、もうボロボロになってしまった「素人娘ジャパン」にサインをもらいました。何かある方向のカレー関係で一つ自分の頂点です。
一緒に玄関を出て表通りまで、松尾監督が手放すというオートバイの話をしながら至福のときを過ごしました。
うーん、宝物のような時間だった。
監督、ありがとうございました。金田さん、ありがとう!!
⭐ アーカイヴ、見られます!!
http://ch.nicovideo.jp/DQ-ana/blomaga/ar1171157
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
http://www.tabearuking.com
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等は iizka3@gmail.com
(@を小文字にて)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
2016/1/1、著書「カレーの本」が刊行されました。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69) / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら http://about.me/hapi3
Instagramはこちら。 https://www.instagram.com/hapi3/
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。カレー中心。 http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ 「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

blogs.yahoo.co.jp

This article is a sponsored article by
''.