画像: チョコレートの老舗ブランド「ヴァローナ」が、今年も「ショコラdeイースター 」を開催!

チョコレートの老舗ブランド「ヴァローナ」が、今年も「ショコラdeイースター 」を開催!

3月29日〜4月2日まで、世界中のトップパティシエさんに愛されているチョコレートの老舗ブランド「VALRHONA ヴァローナ」さんが、「ショコラdeイースター2017」を開催!HP→ http://cdeaster.com/Facebook→ https://www.facebook.com/chocolat.de.easter/ 今年もプレスパーティーにお招き頂きました、感謝です 場所は代官山ヒルサイドテラスF棟 ヒルサイドフォーラムプレスパーティーでは、 ヴァローナジャポン株式会社 マーケティング・QA本部長 田中美礼さん、ヴァローナ株式会社 代表取締役社長ドゥニ ・ヴェルニョ氏のご挨拶、乾杯のご発声を頂きました。 名だたるパティシエさんショコラティエさん46名もご参加され、声援の中、フォトセッション。一同に46名ものシェフがご一緒の会は貴重です各シェフ素晴らしいイースターアートチョコが展示、発表されました どれも個性的で鮮やかで見ているだけでもワクワク。大勢のシェフの皆様に直接お話しが伺えるのがパーティーならではです アート作品はヴァローナのチョコレートで、イースターの象徴「卵」が使われていればOKなのですが、「こんな風に卵を使うんだ!」と発見ばかり。 若林シェフの作品では、卵がカタツムリに。パッと閃いてサッと出来た、とのこと。天才肌でいらっしゃいますー捧シェフの作品。家族の鶏達がとても可愛い実は会場にも奥様とお子様といらしていたシェフ。やっぱりご自身の「今」が表現されるのかなぁ、なんて思った作品でした大石シェフの作品の中には7つのエッグが隠れているそう。エッグハント、楽しみもいっぱい お久しぶりにお会いするシェフも。ショコラdeイースターならではの楽しいひと時 島田シェフの作品。形はシンプルですが配色のバランスが素敵で目にインパクトあります 村山シェフの作品。春らしい陽気にお出かけシーンが描かれていたり、 手のひらに乗る卵と羊たち。真っ赤なインパク ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.