画像: 美寿(広尾)

美寿(広尾)

ゴハン屋さんへ行き、コースもアラカルトも選べるとき、
「コース」か「アラカルト」。
どちらがよりグルメか?という話題になったことがある。
お店のことを考えたら「コース」。
お寿司屋さんの「おまかせ」が、実はお好みよりも美味しいものが食べれ、
それが明らかに正解であるように、
「コース」(おまかせ)のほうが、美味しいものが食べれる気もし、
コースこそグルメな気もする。
だがそれは、寿司屋での話であって、
寿司屋以外での、コースかアラカルトかは話しが別。
お店のことも考えつつ、
無駄のないセレクトが出来る自信があるなら、
アラカルト!を選べるのが本物のグルメだと思う。
しかも無駄なく、食べたい物を、いい感じで頼める人こそが。
自分のお腹具合や、ポーションを加味したバランスというのは難しい。
よく、フレンチのコースで、メインに行く前にお腹いっぱいで、
せっかくの高級肉を、半分残す、または無理矢理食べることがある。
そうはならないよう、まずはこれでと「様子を見る」余裕も大事だし、
見栄を張ることなく、最後まで美味しく、必要以上の満腹に途中でならずに食べ終えられるのが、あるべきグルメの姿だ。
そういった意味で、この店で、程よいバランスで〆のご飯まで行けることは、
極上の幸せであり、グルメの証かもしれない。
カウンターの右奥が落ち着く。
アラカルトで、どのように構成するかを、早めに店に到着して、相手を待ちながら考えるのは、実に楽しい時間だ。
料理はどれも、めちゃくちゃ美味い。
特に写真(上)の、フォアグラのコロッケは、半分に割って皿にもってくれる。
そして、写真(下)の香箱がには、時期ものだが、
これが泣ける美味さ。
蟹というのは、人を幸せにしてくれる。
もう少し、あと一口食べたいと、殻の奥のほうを、箸で、なんなら小指で、
こそげるように、まさに舐めるようにいただく。それぐらい美味い。
世の中にこんなに美味いものがあったのか。
秋元康さんの名著のタイトルだが、
この店の香箱蟹を食べると、必ず、誰もがそう思うと思う。
店の人の客との距離の取り方も絶妙だ。
つかずはなれず。聞けば答えてくれる感じ。
こっちはデートで必死に口説いてるのに、
その会話をさえぎるような説明は要らぬときがある。
そこを察して、空気を読みながら料理をさっと出し、
こちらの間ができ、知りたそうな顔したら教えてくれる、あのニュアンスは、とっても高度だが、この店はそれをさらりとしてくれる。
仮にこの店のあと、相手と何もなかったとしても、地団駄を踏むほど高くはないのもいい(笑)。
デートにおすすめしたい。

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.