画像: 「岐阜・恵那 水戸屋の自然薯ごはんとサンドイッチ」

「岐阜・恵那 水戸屋の自然薯ごはんとサンドイッチ」

このエリアは自然薯が栽培されているそうです、岐阜の恵那。
そこで、みんなで食べにいってみました。
山口県が自然薯有名ってね、そして贈答品としてもらうものってね、そんなイメージがあったんですけど。
岐阜は山口からもらってきた苗から自然薯を作っていたんですってー。へー。
こちらのお店のすごいところは、生産者でもあるところ。
伊勢神宮の遷宮の時に奉納したそうです。
わーいわーい。自然薯キター。
金箔ふりかけ。
自然薯ってすり鉢でごりごりとやって滑らかにしていただくじゃないですか。
やっぱりあれって大変なのだそうです。
なので、自然薯を大売出しすることはせず、ひっそりとやっていらっしゃるらしいですよ。
このお店では麦ごはんではありません。
白米で贅沢にいただきますよ。
おいしい。やっぱり。
自然薯って田舎風な雰囲気あるのにどこか高級。
ぶっかけスタイルなのにどこか上品。
自然薯食べたんだ、って言うとなんとなくリア充。
自然薯マジック。
空気が入って粘度が増して、昆布だしもいい。
つまり、ふわっふわ!
こちらはもどき料理でした!
うなぎのようで、うなぎでない。
自然薯の蒲焼でした~!「山うなぎ」
こちらはヘルシー系サンドイッチ。
味噌を効かせた卵サンドでした。
コーヒーやデザートも美味しいそうですよ。
ちゃんと作ってちゃんと出しているお店ってひとつずつキレイで丁寧ですよね。

love.exblog.jp

This article is a sponsored article by
''.