画像: うなぎ藤田(白金台)

うなぎ藤田(白金台)

今、NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」で盛り上がる故郷・静岡県西部地方は、「遠州」とか、「遠江」と呼ばれるエリア。
浜名湖うなぎが有名だが、最近は浜名湖の牡蠣も注目されている。
以前、「ごはんジャパン」でも五十嵐美幸シェフがロケしていた。
それが同時に味わえるのが、ここ「うなぎ藤田」。
浜松で四代続く老舗で、昨年、白金にも進出。
あれから1年。
昨夜は「まだ藤田に行けてないけど行きたい」というグルメなお仲間に集まっていただき、その1周年記念料理をいただいた。
前菜で出てくる浜名湖産の牡蠣醤油煮は、実に身がぷっくりして、東京に居ながら浜名湖の偉大さを感じる美味さ。
そしてうなぎ。
小学校の頃、クラスに一人はうなぎ屋の息子がいて、
運動会や夏祭りでは、必ずうなぎつかみ競争があり、
家の水槽では、親父が知り合いからもらった生きたうなぎを飼っていて、死ぬと母親がさばいてくれた。
月に一度はうなぎだった。
うなぎは家で食べるものだった。
家にはうなぎのタレを塗る刷毛が何本もあった。
(いまだに実家からうなぎを送ってもらい、もちろん刷毛があり、僕がタレを三度づけしながら魚焼きグリルで焼く。鬼が焼くと下手くそで喧嘩になる)
そんな、うなぎで育った僕はうなぎには一過言ある。
箸を入れたとき、身が、かたく締まり過ぎても、ホロホロすぎてもだめ。
程よい締まり具合と、ほぐれる感じが重要で、藤田のうなぎは、身が引き締まりながら、ホクホクで理想的。
それは、115Mの深さの冷たく清らかな地下水の中で、餌を与えず1週間泳がせる「活かし込み」という工程を加えるからだ。これにより、臭みをとり、身を引き締めるらしい。
デートならカウンター、6人までの個室なら合コンや接待にオススメ。
詳しくはこちらをどうぞ

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.