画像: 食べあるキング“食材探求プロジェクト”in 都城市2

食べあるキング“食材探求プロジェクト”in 都城市2

霧島酒造に伺ったあとは、宮崎牛の畜産農家、桜花牧場へ。http://oukafarm.jp/ 桜花牧場は、生産(受精・繁殖)、肥育、出荷まで全てを一貫経営で行っています。通常は生産と肥育は別れているところが多いのですが、広い敷地に、仔牛から妊娠している雌牛、出荷前の雄牛まで...。 乙守孝志社長が案内してくださいましたが、じっくりお話伺いながら飼育の様子を見学させていただき、命を頂いている、ということを改めて実感。可愛い牛達を見ていると、なんとも言えない気持ちになりますが、有り難く、美味しくいただこう、と。 5年に一度開催される、全国和牛能力共進会(和牛のオリンピック)で、宮崎牛は史上初の2回連続で優勝していることもあり(今年5年ぶりに開催で会場は宮崎とのこと)、生産者の皆さんの熱い想いが伝わってきました。出荷まで大体30ヶ月かかりますが、休みなく毎日世話をしなくてはなりませんし、牛達のちょっとした変化も見逃さずに、餌のやり方や体調管理にも気を配っておられます。牛によって性格も違うそうですが、穏やかな性格の牛はいいお肉になるのだとか。 牛同士の相性もあるので、喧嘩をする牛同士は離して育てたりと、生き物を相手にするだけに、神経を使うお仕事だろうな...と感じました。 とても貴重な経験をさせていただきました。今年の和牛オリンピックも注目したいと思います。 そのあとは、宮崎地鶏が頂ける、ふれあいの里へ。木造の一軒家で囲炉裏もあり、落ち着いた雰囲気。 地鶏のお刺身、タタキ、唐揚げ、そして七輪で焼いたりと、色々な部位を頂きました。とても弾力がありしっかり旨味を感じ、ボンジリは特に噛むほどに肉汁が溢れてきて、たまらなく美味しかったです! 勿論合わせるのは、焼酎で。ずらりと並ぶ焼酎が圧巻でしたが、昨年11月に発売となった霧島酒造の新商品、宮崎県でしか発売していない、という「霧島」をロックで頂きましたよ。 地元の皆 ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.