画像: これがエディブルアート(食べられるアート)! ジャニス・ウォン シェフが来日中

これがエディブルアート(食べられるアート)! ジャニス・ウォン シェフが来日中

アジアを代表するシェフ&アーティスト、ジャニス ウォンさんがシンガポールから来日2/6、南青山のミーレショウルームにて、食とアートの融合「エディブルアート=食べられるアート」のインスタレーションが開催されましたジャニスウォンさん日本ではすでに昨年、新宿NEWoManにデザートバー「JANICE WONG」をオープン。新しいデザートの楽しみ方としてアシェットデセール(皿盛りデザート)とお酒をメインにしたドリンクとの提案をされています。プロフィール詳細はこちら → HPイベント内ではデザイナーの柳原照弘氏とのトークショーも。お二人の「食とアート」の世界観を伺いましたジャニスさん曰く「追求したいテーマは、’完璧なる不完全'、'欠如の中にある完全’。アートと食の世界の欠点のない不完全さと、欠点がある完璧さに対するあくなき探求です」柳原さん曰く「デザインする'状況'をデザインする」がポリシー。食は、空間のデザインだけではなしえない人々の五感ねへの刺激、共感が得られる。すばらしい」柳原氏の、1616/有田(有田焼に現代風なデザインアプローチを試みた作品)とジャニスさんの新作デザートでのコラボも企画中とか。楽しみ!ジャニスさんエディブルアートは、例えば「マシュマロの天井」た「チューインガムのしずくの壁(舐めて食べる)」 など、様々な色、質感、味、人々の知覚を刺激し驚かせ、今や全世界からの共感とともに各国からオファーが絶えませんそんなアーティストでありながら、とても気さくなお人柄。軽快なトークとともにインスタレーションが開始。真っ白なキャンバスにマシュマロ、砂糖、いちご、ゼリーなど自由な感性で、繰り ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.