画像: カレーですよ2451(宮崎 都城 カレー倶楽部ルウ 都城本店)食べあるキング食材探求プロジェクトin宮崎 都城市。~再会~

カレーですよ2451(宮崎 都城 カレー倶楽部ルウ 都城本店)食べあるキング食材探求プロジェクトin宮崎 都城市。~再会~

食べあるキングの「食材探求プロジェクト」で今回おじゃました宮崎県の都城市。
「ふるさと納税日本一」の都城市なのです。その日本一美味しいものが集まってともっぱらの噂の場所にあの男がいる。あのうまいチキン南蛮カレーを日本中に伝えるために日夜奮闘する黄色いニクいやつ。行かねばなるまい、都城のあのお店!
カレーですよ。
前回のプロローグで都城市市役所におじゃましました。副市長と会談を持ったりテレビカメラが入ったりと晴れがましい気持ちでいっぱいです。そして時間はお昼。向かうはあの場所。あれ、そうなんだ。そんなに市役所から近いんだ。そうかあ、そういう位置関係なのかあ。市役所の方々も食べに行ってるんだろうなあ。
チキン南蛮カレーはもちろん全国に鳴り響くご当地カレーの雄。去年の夏、TBSテレビの「白熱ライブ ビビット」の人気コーナー「カトシゲのおとりよせハウス」でボクが紹介しました。加藤シゲアキさんから堂々2位を獲得。もちろん都城産のチキンが使われています。ビーフカレーの牛、カツカレーの豚も当然みやこんじょ産。やってきたのはおとりよせハウスでも取り上げられたあのチキン南蛮カレーを出しているお店、
「カレー倶楽部ルウ 都城本店」
です。
ついにきたなあ、本店。なんという感慨深いことか。
あっ!ルウ王子っ!お出迎えしてくれてるっ!!
思わず走り出すボク。
そして感動の再会。抱擁!
カレー倶楽部ルウを率いるチキン南蛮カレー王子(通称ルウ王子 / 額の「るう」を見よ!)とはなんだかんだで細く長くつながっています。
横須賀カレーフェスティバルをはじめとした関東のイベント会場で何度もお会いしてお話をしてきました。黄色いマスクの額に輝く真っ赤な「るう」の文字が目印の目元涼やかな快男児。「てげうめー」(とてもおいしい)を合い言葉に都城、博多、大阪守口、銀座などにブランチを持つカレー倶楽部ルウを率いるだけではなく、都城を愛し、その活性化にも全力を傾ける熱い漢なのです。
ああっ!なぜか窓からぼんちくんがっ!
*
ぼんちくんは都城のゆるキャラです。宮崎県都城市PRキャラクター兼PR部長。小学校2年生の男の子。
特技はみやこんじょ弁と動物との会話。Facebookページも持ってるのだ。
https://www.facebook.com/bonchikun/
さて!注文だ。
みんな思い思いの注文をしています。M三郎さんは激辛オーケー体質みたいで辛さ調整をたのんだみたい。はっしーはさすが!のボリュームメニュー「ダブル金賞カレ-」。ボクはもう、定番にして友情の証である
「チキン南蛮カレー」
をお願いしました。ふるさと納税のお礼のお返しセット中にも入っている逸品ですよ。
https://furusato-miyakonojo.jp/product/detail.php?id=896cdac0f2a2b4fbcb0524168554bae1
あ、やっぱり梅しん特製牛すじコロッケもつけてください。
お店はメディアで取り上げられた時の記事や写真、色々な張り紙であふれていてとても楽しんですよ。カウンターがメインになっていて中で手際よくカレーがお皿の上に現れるのを眺めながら待つ感じ。アットホームな空気がいかにもルウ王子の求めんとするものを感じることができます。
ルウ王子が自らカウンターに入り、お店の皆さんと一糸乱れぬ連携でカレーを仕上げてゆきます。手際、いいねえ。ルウ王子がカレーを作ってるところを見ながら待つなんて夢のようだわ。
さて順番にカレーが出てきますよ。
まずはじめに!、、、あ、市役所広報のかたのオーダーが出てきました(笑)
いや、あたりまえです。うだうだとああでもないこうでもないでオーダーが遅くなりました故。スミマセン。
さあ、きたよ!
カレー倶楽部ルウのチキン南蛮カレー。
これがボクが日本で一番好きなチキン南蛮カレーです。
カレーソースはほんのりと酸っぱさが効いていて、ただの古い洋食のカレーライスとは一線を画すものなのです。思うより粘度が低くさらっとしています。口当たりなめらか。
フルーティな香りが食欲を刺激してきますねえ。おいしいなあ!
チキン南蛮は南蛮ソースの甘酸っぱさとタルタルのボリュームをカレーに浸し混ぜて食べる楽しみ、嬉しさがあります。ぷりっとした鶏の歯ごたえにオリジナル南蛮ソースがよく合うんだよねえ。
南蛮だれ、タルタルソース、カレーのそれぞれの組み合わせで味の広がり無限大です。変化が楽しいぞ。
その変化にさらに幅をくれるのがみやこん醤油。カレー倶楽部ルウとヤマエ食品工業(あっ!橋のたもとのあそこだ!後でバスにて通りかかりました)のコラボレーション製品で、カレー専用ソースです。ジュレなんかに近いとろりぷるりな感じでこの地域独特の甘口醤油がベースになっています。これを混ぜるとけっこう大きく味が変化しておもしろいんですよ。これはいちど試してもらいたい。
追加でお願いした梅しん特製牛すじコロッケはベシャメルソースではないのだけれど、クリームタイプと言ってもいいとろり感があります。ジャガイモコロッケでこれは初めてな感じ。おいしい。これ単品で別にもう一個食べたい!さくっとした揚げ物をカレーソースにべっちゃりつっこんで食べる禁断の喜びに打ち震えてください。
うーん、カレー倶楽部ルウのチキン南蛮カレーはこれまで幾度となく東京のお店やイベント出店のものを食べてきたけど、本店のこれ、特別おいしい。きっとルウ王子にこの場所で再会できた感激もあるんだろうけど、改めて都城市で生まれた食材が寄り添ってチキン南蛮カレーができあがっていることを聞いたからより深くおいしく感じたのかもしれないですね。
(写真提供:フォーリンデブはっしー)
食べあるキングメンバーもすごい盛り上がりながら食べています。ああ、なんか自分のことのようにうれしいぞ!
満面の笑顔で王子が出してくれた宮崎カレーチーズプリン。(マスクなので目が笑っていることをご確認ください)
宮崎牛カレーとみやこん醤油を使ってあります。日南Sweets Factory MITSUKOとルウ王子が作り上げたものです。
さすがの食べあるキングのメンバーも目を白黒させていました(笑)たぶんラベルに「宮崎牛使用」と書いてあるスイーツはなかなかないはずです。いや、これはボクも初めての時は驚いたもん。2つ食べるとクセになります。ボクはそうでした。
稀少品でルウ王子でさえなかなか上手に入荷のコントロールがなかなかむずかしいのだそうですが、奇跡的にこの会食に間に合うタイミングで届いたのだとか。おおお!
店を率いるルウ王子との再会は心から感激しました。
知り合ってずいぶん経ちますが、ついに本店での再会を果たせたのです。うーん、感無量。
ボクはルウ王子やスパイシー丸山さんのようにかぶり物のひとを敬愛しています。かぶってないけど食べあるキングの仲間のフォーリンデブはっしーもそう。
ポップスターとかアイコニックな人たちはいろいろいます。カレー業界にもいるわけです。でもね、その胸に燃えるものが本物じゃないと認められない。決してトリックスターではないのです。それではいけない。
スパイシー丸山はターバンをかぶり「スパイシー!」と叫んでは人々を驚かせますが、地道な努力でたくさんの知識や経験を重ね、カレーの真実に近づこうとしており、価値ある素晴らしいコンテンツを生み出しています。
はっしー、食にかける情熱をグルメエンタテイナーという一言に集約して日々体当たりの活動は続きます。
かたやルウ王子。私欲を超えた活動でみやこんじょを活性化し、絆を強め、強い町作りを率先しています。
みんな人目を引きやすく、それはつまり「間口を広げる」ということです。底辺を広げる。入り口を広く作って多くの人たちに知ってもらう。どの業界でもこれなくしては成長は望めない、そう思います。ステイハングリー、ステイフーリッシュ、なわけです。
さあ、まずひとつめのお店がカレー倶楽部ルウというチョイス。いやが上にもヒートアップするボクなのでした。
ガチャポンもやってシークレットゲット。バッグに止めて、次の場所を目指します。
(写真提供:フォーリンデブはっしー)
ルウ王子、カレー倶楽部ルウのみなさん、あルウがとう!!
さようなら、でもまた会いましょう!!
**
今回のツアーで食べたいろいろなお肉や焼酎、スイーツ等々があなたにも手に入る!もちろんお得でサイコーな「ふるさと納税」でいきましょう!カレー倶楽部ルウのチキン南蛮カレーが入るセットももあるぞ!!くわしくは
「宮崎県都城市のふるさと納税特設サイト」
https://furusato-miyakonojo.jp
でね。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
http://www.tabearuking.com
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等は iizka3@gmail.com
(@を小文字にて)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
2016/1/1、著書「カレーの本」が刊行されました。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69) / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら http://about.me/hapi3
Instagramはこちら。 https://www.instagram.com/hapi3/
Vineはこちら。7秒動画です。 https://vine.co/hapi3
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。カレー中心。 http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ 「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

rdsig.yahoo.co.jp

This article is a sponsored article by
''.