画像: kitchen kuu 雪の富山で出会ったそば粉のガレット

kitchen kuu 雪の富山で出会ったそば粉のガレット

「kitchen kuu」富山市内から車でどれぐらいでしょう〜
神通川をさかのぼり、越中八尾のそのまた奥にあります。
雪の日であった
そば粉のガレット
きのこチーズを頼みました
野菜もしめじもたっぷり
近くのオーガニック農場土遊野の卵
たまごとろり〜〜〜
kuuのコンセプトはrest my brainなんだそう
脳を休めるカフェキッチンか
デザートもそば粉のシフォン
ほわっとしてあっという間になくなった
Kuuのオーナー
基本この奥さんがお一人でやっているらしい
富山市内から神通川の上流へ
位置的にはJR高山本線だと越中八尾のさらに奥「笹津」駅から2kmのところ
(といっても冬場はまず車でしか行けないだろう)
この景色の中にkuuはあります。
鮮やかであたたかで見るからおいしそうなそば粉のガレットを、この風景の中から創り出す人がいる。
https://tabelog.com/toyama/A1601/A160101/16003118/dtlphotolst/1/smp2/
雪はあらゆる生命の源「水」の変容である。
雪国で暮らす人々の冬を「雪に閉ざされた」と形容することは、必ずしもその暮らしの本質を表さないのではないか。
雪に守られていると考える方がより近いのかもしれない。なんてことを思った。
※訪ねたのはちょうど1年前の2月ですが、写真データ整理のため今頃アップ〜♪
ベジアナ@あゆみ

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.