画像: カレーですよ2449(行徳 バラサランカレストラン)東西線スリランカ。

カレーですよ2449(行徳 バラサランカレストラン)東西線スリランカ。

懐かしきカレー食べあるきカレーの友の導きによって、きょうは行徳へやって来ました。
スリランカ料理を食べる予定です。
カレーですよ。
その懐かしき友、うくれりあんさん。ブログをやってらっしゃるわけではなく、ウクレレを愛し、カレーを愛し、ボクのブログのコメント欄やSNSで素敵なサジェストや未知の情報くれたりと助けられて来ました。しばらくつながりが途切れていた時期がありましたがまたfacebookで繋がることができて、フレッシュな情報が飛び交います。
なんでも行徳にスリランカ料理の店ができたのだとか。それもバイキング、ブッフェのランチがあるんだとかで、こんな情報を聞いた日にゃあ座ってなぞいられません。早速東西線に飛び乗って行徳に。
「バラサランカレストラン」
という名前です。
うくれりあんさんの情報通どおり、元はモハノンドというレストランがあった場所。モハノンド、南行徳の店には何度も通ったけど行徳はこないまんまだったなあ。
店頭に何も入らない大きなショーケースが目立ちます。なんだろうこれ。いやまあそれは置いておいて、さて、入りましょうね。
こじんまりしたお店です。席についてメニューをもらいました。一枚はインド料理のセットメニュー。写真を見ると標準的な内容です。もう一枚には手書き、文字のみでバイキングの表記。こっちだな、スリランカンスタイルのランチは。
「ランチバイキング」
をください。色気のない名前だなあ(笑)いや、そんなことはいいんですよ。
そう注文したのはいいんですけど、キョロキョロと店内を見回してもウォーマーも大皿サラダも見当たらない。おやおやこりゃあどうしたもんか。
考えあぐねていると、テーブルに「ここから取り分けてね」と多数の皿が出現しました。どんどんお皿の数が多くなって来ます。
ああ~そうか。
さっき一人です、と告げると4人席に案内を受けたんですが、気を使って二人がけの席に座ったんですよ。こりゃあダメだ。4人がけじゃないとちょっとお皿乗り切らないよ。それくらい出て来ました。
世にも珍しいマイテーブルブッフェ、というわけです。
これは初めてのスタイルだなあ。
いや、いや、違う。これはボクは知っているぞ。
えーと、そうだ。スリランカに1ヶ月滞在したあの時だ。
現地で体験した本物のスリランカンホームスタイルというのがありました。
食事の内容を決めての提供、というのは誰もができるもの、誰もがやっていいものではないのです。本来相手の体調やその日その場所の暑さ寒さ、ここ最近の食生活やライフスタイルまですべてを知っている家族の健康を司る女神様、お母さんかおばあちゃんのみの役割なのですよ。家族を知るからこそ自信を持って盛り付けられるわけです。ごはんとなにか数品程度を皿に盛り付けて出し、あとはテーブルに配された家族を考えて作られたおかずのうつわから自分で取るというものなのですね。
そのスタイルをブッフェ、バイキングの名前でレストランで出すというのはとても興味深いです。
サンボルはペタのマーケットの乾物売りの匂いがしてなんだか気持ちが高揚します。うむむ、この乾物感はすごいものがあるぞ。嬉しくなるねえ。
ビーツの炒め煮もおいしいです。日本の人はあの色の煮物とかをみるとびっくりしますよね。
チキンカレーからもインドでもネパールでもない、マウントラビニアで作ってもらったのと同じようなスリランカスタイルのミックススパイスの香りがします。
ごはんにはランぺがチラリ見えました。聞くとフレッシュのランペを使っているとのことで、社長が見せてくれました。スゲーなあ。道理でご飯が美味しいですよねえ、と話しかけると社長曰く、「このお米もスリランカ産のお米なんですよ」と。なんというこだわりだ。こりゃあすげえ。
どの料理も素朴で素材を大事に生かしている姿勢が見える気取りないものだと感じます。だからこそ気持ちに刺さる。刺さるねえ。
社長はとてもおもしろい人で、本を出版したり自分のバンドを持っていてバンマスやったり映画の脚本と主演をしたりするマルチタレントらしい!レストランはサムオブワンなの?と聞くとニヤリと笑います。ボリウッドスターみたいだなあ。
サービスなのかな。熱々のゴダンバも出してくれました。
これがまたものすごく美味しくて。これ1ダースくらい持って帰りたいくらいだよ。
お店はインド料理も出してます(笑)確かにそうです。でも、あくまてスリランカ現地の料理を出すことがミッションと社長はいいます。スリランカからの留学生が通うらしく、スリランカ米だわブッフェだわでコストが大変なんじゃないかと思うのですが、彼らに安く出してあげて喜んでもらいたい、と語ります。男らしいね。
こりゃあなかなか骨太の店と見たよ。
皆さんも確かめにいってみてください。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
http://www.tabearuking.com
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等は iizka3@gmail.com
(@を小文字にて)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
2016/1/1、著書「カレーの本」が刊行されました。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69) / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら http://about.me/hapi3
Instagramはこちら。 https://www.instagram.com/hapi3/
Vineはこちら。7秒動画です。 https://vine.co/hapi3
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。カレー中心。 http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ 「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

rdsig.yahoo.co.jp

This article is a sponsored article by
''.