画像: <明石初>真のナポリピッツァ協会認定店「ベアトリーチェ」の魅力

<明石初>真のナポリピッツァ協会認定店「ベアトリーチェ」の魅力

本日のピックアップフォトは、明石にある真のナポリピッツァ協会認定店「ベアトリーチェ」で食べたマリナーラとスペシャルピッツァ「エトナ」のメタメタです。ミニトマトが旨いからマリナーラも美味しいし、シチリアのブロンテに行って買い付けたピスタチオを贅沢に使った「エトナ」が特に美味しかったですよ。ピスタチオのペーストを塗ってから、ピスタチオやリコッタチーズ、ハム、モッツァレラ、卵をのせて焼き上げたエトナはまた食べたいピッツァでした。
詳しい情報はこの後の本文でお楽しみくださいね(^_-)-☆
←読む前にぜひ左のランキングのクリックをお願いします♪
にほんブログ村
明石市の山陽電車「大蔵谷駅」やJR山陽本線「朝霧駅」から近いピッツェリア「ベアトリーチェ」は、カジュアルな雰囲気で地元の方に愛されている普段使いのピッツェリアです。
昨年、明石市では初めて真のナポリピッツァ協会の認定店になったので訪問してきました。
店の入口には認定看板が掲げられ、店内には証明書が飾られていました。
テーブル席とカウンター席があるので、お一人様でも気軽に立ち寄れるのも便利ですね。
入口から最も目立つ場所にナポリの名工「ステファノ・フェラーラ」の窯が設置され、煙突には宮村ワークスのロゴマーク「Camino di MW」が入ってますね(^_^)/。
こちらのテーブル席はお子様でも安心のソファ席になっていますよ。
レジ横のショーケースにはその日の食材や前菜が並ぶのもナポリっぽい。
カラフルなお皿などは販売もしているそうです。
淡路産のタマネギの丸ごとローストには、挽肉やハムが入っていて実に旨い。
牛肉をたっぷりのタマネギで煮込むナポリスタイルのジェノヴェーゼや、生ハムと水牛のモッツァレラチーズがたっぷり乗ったサラダをいただきました。
地方都市に来ると野菜や果物が新鮮で旨いから都会のお店にはない魅力があります。
僕は苦手なので食べられませんが、明石はタコなどの魚介類も有名だから、こういうのも要チェックですよ。
前菜が食べ終わったところでピッツァを作り始めます。
オーナーの津田シェフは、サルヴァトーレクオモやジターリア・ダ・フィリッポ、アズーリなどで腕を磨いてきた実力派のピッツァ職人なので初めから期待値が上がります。
半分にマリナーラのトッピングを乗せた後は、残り半分はエトナです。
ピスタチオのペーストを塗ってから、ピスタチオやリコッタチーズ、ハム、モッツァレラ、卵をのせて焼き上げます。
しっかりと焼き上げました。
このピッツァはかなり旨かったですよ!!
そして、なんとドルチェピッツァも用意されているそうです!!
近くの農園で採れたての苺を使ったドルチェピッツァを焼いてくれました。
完成したドルチェピッツァがこちらです。
近くの農園で栽培されてるフレッシュな苺とカスタードクリームが旨い!!
食後のカッフェをいただいてオーナーシェフの津田さんと記念撮影。
また、明石に行くときには寄ってみたいと思えるお店でした。
ごちそうさまでした!!
最後にオマケとしてこの日のメニューを添付しておくので参考までにどうぞ!!
*メニューは随時変わるのであくまでも参考程度ですよ(笑)。
★下記の3つのランキングに参加しています!★
にほんブログ村
それぞれをクリックして頂けるとランキングに反映されるので応援よろしくお願いします
ピッツェリアベアトリーチェ
TEL:078-917-2202
住所:兵庫県明石市朝霧東町2-13-10 リバーサイド朝霧 1F
交通手段
山陽電車 大蔵谷駅 徒歩10分
JR山陽本線 朝霧駅 徒歩14分
明石駅から明舞団地方面行きのバスに乗車、朝霧2丁目下車すぐ
大蔵谷駅から666m
営業時間
11:30~14:30 17:30~22:00(L.O.21:30)
ランチ営業、日曜営業
定休日:水曜日
予算(ユーザーより)
[夜]¥3,000~¥3,999[昼]¥1,000~¥1,999
実際にお店へ行った人が使った金額です。 予算分布を見る
席数:17席
個室:無
完全禁煙
駐車場:有(店舗裏側に6台)
ホームページ
http://www.pizzeria-beatrice.com/
オープン日:2015年5月11日
←食べあるキングメンバーです
←メシコレキュレーターです

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.