画像: カレーですよ2444(西田精麦「大麦や」ブランド 大麦カレーソース)大麦のカレー。

カレーですよ2444(西田精麦「大麦や」ブランド 大麦カレーソース)大麦のカレー。

去年、西田精麦産からいただいたカレーが優秀なんですよね。なのでご紹介。
でも、コンシューマー向け製品はまだない製品なんです。
カレーですよ。
楽しいきっかけからおつきあいが続いている熊本の精麦会社「西田精麦」さん。世の中で話題になっている大麦製品の加工卸をしている会社です。阿佐ヶ谷ロフトで続くイベント「印度百景」でご縁ができた山口のデザイナー、頼田さんから繋がるご縁で去年は熊本の工場へもおじゃましています。
その時にプロジェクトが進んでいたカレー、ついに完成したとのことで一袋分けてもらいました。
冒頭でも書いた通り、これは業務用。一般流通には乗らないもので、なかなか簡単に食べることができない貴重なもの。コンシューマー向けではないので1キロ入り。のレトルトパウチです。なかなか1キロのレトルトパウチなんて見かけることないよね。僕は飲食業をやっていた頃は3キロなんてのを使ってましたよ。
「西田精麦 大麦や 大麦カレーソース」
です。
さすがにこのまま湯煎というわけにはいかないのでパイレックスのガラス容器に一度移してそこから別の器に入れて温めました。ごはんも用意して、と。
さてカレーソース、試食はしていましたがやはりこういうのはごはんと共にレギュラーサイズを食べて、食べきっての感想ってのが正確ですね。なのでトライ。
ねっとりと粘りがあるんですが、イヤミなくわざとらしさもありません。胃がやられそうな予感もしまないんですよ。こういうスタイルのぽってりしたジャパニーズカレーライスは胸焼けすることも多くていつでもこわごわ胃腸の様子を確かめ確かめ食べることも多いのです。が、このカレーソースのぽってりした感じや味なんかは化学調味料や不自然なものではなく大麦粉からくるものなので、それを知っているので安心して食べ進めます。
大麦は粒のままのものも入っていてぷりっとし食感があるのがいいんだよね。これおもしろい。
これも含めて食べ応えを作っているわけです。全体的にぽってりしているのにのどごしも悪くないのがおもしろいね。辛さはきちんと奥行きのある辛さがあって、こういう製品の中ではけっこう辛めだと思われます。そこも味や食べ応えのバランスに貢献していると感じます。
カレーライスってたくさん食べられておなかいっぱい、という根源的なうれしさみたいなものが魅力だと思います。それが体現されている良カレーだなあ。
去年の夏におじゃまをして関わらせてもらっているこのカレー、熊本阿蘇で着々と形が見えてきています。いろいろな場所で活用され、提供されるようになって行きます。
今年は次のステップが早々にあるはず。
みなさんにも口にするチャンスがやってくるやもしれません。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
http://www.tabearuking.com
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等は iizka3@gmail.com
(@を小文字にて)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
2016/1/1、著書「カレーの本」が刊行されました。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69) / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら http://about.me/hapi3
Instagramはこちら。 https://www.instagram.com/hapi3/
Vineはこちら。7秒動画です。 https://vine.co/hapi3
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。カレー中心。 http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ 「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

rdsig.yahoo.co.jp

This article is a sponsored article by
''.