画像: フランス大使館 大使公邸で開催「ガレット・デ・ロワ」新年会へ

フランス大使館 大使公邸で開催「ガレット・デ・ロワ」新年会へ

フランス大使館 大使公邸で開催された「ガレット・デ・ロワ」新年会へお招きいただきました(感謝でございます)フランスでは家族や友人が新年に集まってガレット・デ・ロワを囲み楽しいひとときを過ごす習慣があります。日本でもずいぶん浸透してきたように思います。 皆でガレットを切り分けて、中に隠された陶器製の小さな人形「フェーヴ」を見つけた人がその日一日、王様や王女様になるのが伝統です。 新年会では最初に「ガレット・デ・ロワ」コンテストの発表と表彰式が行われました。今年の優勝は「ダロワイヨ」持永シェフ!おめでとうございます。そして改めて、ティエリー・ダナ駐日フランス大使の御挨拶をいただきました「今年も日仏の絆をさらに強め、実り多き一年になりますように。」そして恒例の巨大ガレットの入刀式!あまりにもガレットが大きく移動はシェフが6人がかり。お待ちかね、今年のガレット親善大使の発表も!お一人はオリンピックメダリスト、柔道の野村忠宏選手です。入刀式にはコックコートを着用され、皆様で乾杯後に、いよいよ入刀です。ティエリー・ダナ大使や「クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ」島田進会長、野村選手、皆様で入刀。。。この大きなガレットは、今年のコンテストに優勝された持永シェフが焼かれました。後ほど全員で少しづつ切り分けていただきました。大きなものを皆で分かち合うって、親睦が深まる気がして嬉しいです。 ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.