画像: 日本ワインの古酒を愉しむ会@卯の刻

日本ワインの古酒を愉しむ会@卯の刻

こんにちは。 2017年の年明け......乃木坂の和食店『卯の刻』にてとても貴重なワイン会が開催されました。 発起人はレコール・デュ・ヴァンの金海先生。『神の雫』の原作者でいらっしゃる樹林伸さんや今もっとも注目されている日本のワインメーカーのひとり中央葡萄酒の三澤彩奈ちゃんがゲストという、何とも贅沢な会です。今回は日本ワインの中でも『古酒』がテーマ。畑先生の声がけで、ワインスクールとも親交が深い、ルミエールさんやマンズワインさんなど、各ワイナリー様から貴重な古酒をご提供いただきました。見たこともないエチケットのものもあり......期待に胸がふくらみます。サービス担当は田辺先生。ワインの供出温度やグラスなど細やかなところまで、気遣ってくださり、とても良い状態で提供してくださいました。 さて、さっそくいただいたワインをご紹介したいと思います。 ルミエール 甲州 光(ひかり) 1985こちらは、ルミエールの創業100周年を記念して醸造された特別な甲州ワイン。厳選された甲州種で造った白ワインを14年間タンクで熟成させ、更にシャトー・ディケムのオーク樽で18ヵ月熟成させて完成されたものです。 あんずやハチミツのような甘美な香りが漂い、口に含むとほんのり甘い「みりん」のようなニュアンスが。一方、エッジはシャープな印象で立体感をも感じられます。樹林さんも「びっくりするぐらいちゃんとしている」「保存状態もすばらしい!」と興味深く味わっていらっしゃいました。 マンズワイン ソラリス信州 東山 カベルネ・ソーヴィニヨン1997さて、お次はマンズワインの最高級ライン「ソラリス」のカベルネ・ソーヴィニヨンを。マンズワインならではのレインカット栽培で大切に育てたブドウを使い、フレンチオークで12ヵ月熟成させた、端正な一本です。 樹林さんは、むかし軽井沢でソラリスを買ってよく家で飲んでいたそうで、とても思い入れのあるワインなのだとか。「必要以上に手を加えておらず、カベルネソーヴィニヨンそのままの魅力がしっかりと表現されています。ナチュラルでワインらしくて、最も好きなタイプですね」と、大絶賛。彩奈ちゃんも「素晴らしいと思います」と、コメントしてくれました。 ワインに合わせてお料理もじっくり堪能七草がゆをイメージした、焼きおむすびと、牡蠣、セリ、筍のあんかけや......大分産の天然鯛のお刺身。氷見の寒ブリとフキを山形牛で巻いたこだわりの一品や柚子が品よく香る、聖護院蕪と鶏つくねなど、味わい深い料理が次々に登場します。 食材の繊細な味わいやお出汁の旨みに、心地よく上品に熟成した日本ワインが滋味深く馴染んでいき......至福の境地に。 マンズワイン 千曲川産メルロー 1995さて、お次は同じくマンズワインのメルローを。ワイン用ぶどう造りの環境に恵まれた、長野県千曲川沿いの契約栽培地で収穫されたメルローを醸し発酵させ、しっかりと樽熟成をさせた、こちらも長期熟成型のワイン。 色調はおだやかで、香り、味わいともに、非常に優しくタンニンはその存在を全く感じさせないほど、柔らかくしなやかに溶け込んでいます。メルローらしいまろやかさが口中にしみじみ広がって......これまた美味。 樹林さんいわく、こちらは「巧みな技術力で美味しさを引き出している印象」だそうで、ブドウの持つナチュラルな魅力を感じたカベルネ・ソーヴィニヨンとまた対照的で面白い。 そしてお次はこちら↓マンズワイン 万寿農場カベルネ・ソーヴィニヨン 1986(サンプル)なんと市場に出回ることのないサンプル品をご提供くださいました。山梨で87年まで運営していた試験農場で育てられた ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.