画像: 皇室にも献上されている南張メロン!「メロンハウスカワグチ(川口農園)」/みえ食旅レポ3

皇室にも献上されている南張メロン!「メロンハウスカワグチ(川口農園)」/みえ食旅レポ3

2016/12/20,21と三重県においしいもの探求に行きました。三重県公式HPにまとめ記事も更新予定です。 南張メロン〜!三重県志摩市浜島町「メロンハウスカワグチ(川口農園)」さんの南張メロンです 三重県でメロン?とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、南張メロンは栽培は1930年からと歴史も古く、天皇皇后陛下にも献上、2016年の伊勢サミットでもお出しされた由緒正しき、最高級メロンのひとつ。 作っていらっしゃるのは4代目農園主、川口芳幸さん。奥様が併設のカフェを営まれています南張メロンは種まき・生育・出荷まで100日ほどかかります。 川口農園のビニールハウスでは四季を通じ出荷が途切れないよう輪作され、年間1万2000個ものメロンが栽培され、そのほとんどが手作業です。室温は平均30度、じっとり汗ばんできます生育約20日で行う受粉も手作業。雌花に雄花の花粉を一つずつ つけていきます。さらに、一株に3個のメロンを着果させるものの「1番良いもの1個に絞り込み」、それが鶏卵くらいの大きさになったら「玉吊り」を行い、網目や丸み大きさなど「美しいメロン」に育てていきます。全部手作業です〜交配から約50日で収穫を迎えるそうですが、あえて一定期間水やりをやめる「水切り」をし、甘みと旨みを凝縮させるわけで ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.