画像: ローストチキン、焼きました!

ローストチキン、焼きました!

昨日のクリスマスイブは、お世話になっている方のご自宅でクリスマスホームパーティ そこで、なんと先日、フレンチレストラン、KEISUKE MATSUSHIMAの料理教室“美食の寺子屋”で、松嶋啓介シェフから教わったローストチキンを焼くことに!! 早速実践の場をいただけてとても有り難いのですが、責任重大、上手くいかなかったらどうしよう...とドキドキしつつ、手順を思い出しながら、ニースにいる松嶋シェフからリアルタイムでアドバイスももらいつつ、2羽焼きましたよ。 ローストチキンを焼く時、特にももの部分は厚みがあるなど、部位によって火の通り方が違うので、通常はどうしても出来上がりがパサパサした食感になってしまうとのこと。 特に1羽はサイズが大きくて、タコ糸で縛るのも一苦労しつつ、火の通り具合や塩加減など手探り状態でしたが... 結果は、我ながら大成功!!!味付けは、塩、胡椒、にんにく、ハーブのみ。とっても柔らかくジューシーで、ハーブの香りと絶妙な塩加減がたまらなく、シンプルですが、あとは肉自体の脂と、台に敷いている香味野菜がいい仕事をしてくれて。 解体してる写真をご覧いただと分かりますが、鉄板の上に溢れんばかりの肉汁が!そのくらいしっとり感ある食感に仕上がりました。この肉汁や鶏ガラは、また別のお料理にも使えるそう。参加の皆さんにも喜んでいただけて、嬉しかったです♪ 習ったまま忠実に再現を心がけましたが...、実際に ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.