画像: 魅惑のシャンパーニュディナー@Prévenance H.Shizukai

魅惑のシャンパーニュディナー@Prévenance H.Shizukai

こんにちは。 あっという間に月曜日。今年も残すところあと2週間となりました。1日1日を大切に残りの2016年も駆け抜けたいと思います。 さて、先日は「シャンパーニュ地方ワイン生産同業委員会」日本事務局主催の素敵なシャンパーニュのお勉強会にお招きいただきました。会場は、外苑前から徒歩数分のフレンチレストラン『Prévenance H.Shizukai』さん。静井シェフのお料理とともに、6種類の多彩なシャンパーニュを楽しむという何とも素敵なコンセプト♡しかもワインテイスター大越先生の解説つきという贅沢な会です。 日本事務局代表の川村玲子氏のご挨拶に続き......さっそく1杯目のシャンパーニュで乾杯。 あれ?銘柄が気になるところですが......ワインリストがどこにもない!! 実は今回......前情報ゼロのブラインドテイスティングという挑戦的な試みで、、、どのあたりの村で、どんな造りをしている、なんの銘柄か、、、といったことを模索しながら味わおうという企画だったのです。 というワケで、同席させていただいた先輩方と、あれこれ楽しく推測しながら、固定概念抜きで、目の前のグラスと向き合いました。 さてさて、アペリティフのシャンパーニュは、第一印象からとても華やかで立体感と深みがあります。心地よい酵母のアロマ、熟したカンキツやオレンジピールにフローラルなニュアンスも。味わいはフレッシュで、キレイなミネラル感が全体を支え、口あたりはキメ細やかでまるみがあります。こちらに合わせていただいた、華やかなアペタイザー達がこちら。サボイキャベツのチップや雲丹とキャビアのタルト、といった多彩な食材たちのフリットです。これらの香ばしさと酵母のニュアンスは言うまでもなくキレイにマッチ。鱈のブランタードのクリーミーさが 泡のまろやかなテクスチュアとも同調して、美しく安心感あるマリアージュでした。 そして、正解の発表ーー。Henri Giraud Blanc de Craieアイ村のシャルドネを使った、アンリ・ジローならではのブラン・ド・ブラン。黒ブドウで知られるアイ村のテロワール、そして樽の使用により、「スッキリ爽やか」という教科書的なブラン・ド・ブランのイメージを覆すボリューム感と複雑味を呈しているスタイルです。 こちら、何回かいただいたことがあったのですが思いつかず......しょっぱなから撃沈>< 追って、くぬぎ鱒のタルタルが登場。燻製クリームのスモーキーさやシトロンの酸を意識しながらこの個性的なブラン・ド・ブランを楽しみました。 こんな感じで、乏しい感覚を研ぎ澄ませながら......テイスティングが進められていきます。 1Billecart-Salmon Brut Reserve NVお次に登場したシャンパーニュは、複雑というよりはクリアで洗練された印象で、フレッシュな果実味がキレイに際立っています。カンキツ、洋ナシ、カリン、淡い黄色い花といったアロマが心地よく、バランスのとれた味わい。 こちらの正解はビルカール・サルモン。低温発酵×ステンレスタンクという醸造アプローチにより、ピュアな果実味がしっかり引き出されているのだとか。40%ものリザーヴワイン比率により、絶妙なバランスが完成されていて、明確で安定した味わいです。先にいただいた樽を使ったアンリジローとの対比がまた興味深い☆そして、マリアージュのお相手はホタテのポアレ。プリッとしたホタテの食感にクリーミーな発泡が心地よく溶け込んでいきます。クルミの香ばしさとラルドのリッチな風味が加わることで、ビルカール・サルモンのクリアな味わいにもう一歩、奥行きが加わるようでした。 2Geoffroy 1er Cru Cumieres Expression Brut NVお次は、しっかりしたストラクチュアとボリューム感を感じる一杯。心地よいイースト、スパイス、ドライアップル、ナッツ......といったふくよかなアロマが立ち上り、味わいは果実味豊かながら、ドライな余韻を持ちあわせます。 フォアグラのお料理と聞いただけで「ドサージュ多めなのが出るのかな?」と短絡的に考えていたのですが、それが小気味よく裏切られ......頭の中は、またまた迷宮入り>< 正解はヴァレ・ド・ラ・マルヌのレコルタン、レネ・ジョフロワによる黒ブドウ主体(M50%、PN40%)のスタイル。やはり黒ブドウらしい凝縮感ある果実味や力強さがエネルギッシュに引き出されています。更に、マロラクティック発酵(MLF)をしていないため、凛とした酸が健在なのが特徴。ドサージュがもっと少ないかと感じてしまったのですが、ドライな印象はこのクリアな酸がもたらす演出だったのかも。。。 合わせていただいたのはカルバドスとバニラの風味をあしらったフォアグラナチュール。シャンパーニュ単体だと、線が太く、少し直線的な印象もあったのですが、ルレクチェの果実味や、ゴマチュイルの香ばしさが加わることで、さらなる複雑味が生まれます。そしてフォアグラに忍ばせたカルバドスのりんごの風味がキレイに引き立ち、料理自体にも一体感が生まれていくから面白い。 3Mailly Grand Cru Blanc de Noirsさて、お次の泡もまたふくよかで、厚みあるアロマと味わい。桃や焼きリンゴ、シナモン、トースト、そして仄かに赤系果実のニュアンスも。味わいは全体的に柔らかくまるみがあり、酸の主張はお ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.