画像: くろひつじ(中目黒)

くろひつじ(中目黒)

この店、思えば2005年、僕がグルメ本を出したときにさかのぼる。
当時のジンギスカンブームを絡めながら拙著でこの店について触れた。
あれから10年、ジンギスカンブームは去り、ジンギスカン屋は生まれては消えていき。しかしながら、この店、くろひつじ、今も人気を博している。
僕もあらゆるジンギスカン屋をめぐってきた。札幌の人気店「だるま」の〆、ビール園のルイベ感、松尾ジンギスカンの漬け肉の柔らかさ、全て良い。
しかし、先月久しぶりにここに来たが、やはり僕にとって一番のジンギスカンはここだ。
ラムとマトンの間のホゲットは程よく羊の野性味もあり、しかし臭くはなく、柔らかい。ソラチのタレが最高に合う。
昔からシンプルなメニューだったのも良い。しかし昨年、久しぶりにここを訪れると、昔はなかった〆のチャーハンなるメニューが(写真)。
これがハマる。ジンギスカンの肉汁と野菜の出汁が染み込んだ、石焼きビビンバとでも言おうか。今日食べた旨味エキスが、このコメたちがまとい、最高の〆となるのだ。
昔ハマった店へ行くと、ガッカリすることも多い。しかしここは、当時の良さも引き継ぎながら、素晴らしく進化を遂げている。
緑茶割りと合わせれば肉をガツガツ食べて安くてヘルシー。
世の中、高くて美味い店はたくさんあり、facebookを見てると、1人5万もする店で毎日のように食べてることを書いてる人もいる。それはそれで貴重なことだが、高いのだから、美味くないとは思いたくない心理がそこにある。
予約が取れない店を誇らしげに書かれてるのを読むのも疲れた。半年待ってまずいと書けないよね。次、半年先まで行けないんだよねと。
やはり、美味くて安くて、10年以上人気が続いてる店のことこそ、ここに書いておきたいと思う。
今回も、行きたいとき電話して席があり、でも店は混んでいて、美味しくて安かった。
改めて素晴らしい店だと思う。ブームに左右されない地道な努力を感じた。
合コンや女子会、ファミリーにオススメ。

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.