画像: うしごろの創作中国料理『チーナ ニューモダン チャイニーズ(CINA)』@恵比寿

うしごろの創作中国料理『チーナ ニューモダン チャイニーズ(CINA)』@恵比寿

どうも!
広尾ウォーカーの姫です。
先日焼肉の人気店『うしごろ』グループの新業種
創作中国料理『CINA New Modern Chinese』に行ってまいりました。
チャイナじゃなくて、チーナって読むお店なのです。
なぜかというと、
新しい中国を創造した最初の統一王朝「秦」が、
シルクロードを経て古代ローマに渡り「チーナ」と呼ばれてました。
西洋と東洋が融合した、新しい中国料理を創造したいという想いを込め
「チーナ」と名付けられたそうです。
トゥ
内観
ゴージャスな大理石のカウンター席。
L字型の席は奥の席のお客様と目があわないくらいの高さにしているようです。
お忍びデートでうっかり知り合いにはちあわせみたいことがない配慮ですね^^;
もっと密な会合に最適な個室もありました。
姫は、4人で行ったので、テーブル席でした。
今回いただいたお料理の内容は、
麒麟というコースをベースにお任せでご用意いただきました。
ドラピエ カルト ブランシェ ブリュット
まずは、シャンパンで乾杯。
華やかなワインで、一足早いクリスマス気分を味わえた。
セロリと紅芯大根のCINAサラダ
極千切りのセロリ、紅芯大根それに豆腐麺を
自家製山椒油で和えてました。
豊かな香りと歯ごたえを楽しめました。
トリュフ & ビーフン
贅沢にもスープで戻したビーフンにトリュフがかかってます。
一見シンプルですが、なかなか家では作れない高級さがありました。
自家製イベリコ豚チャーシュー、キンモクセイシロップ漬け、トマトと唐辛子のサンバルソース
蜂蜜ではなく金木犀シロップで漬けたチャーシューは優しい甘さがありました。
そこに姫好みの辛いソースが添えられていて、味変を楽しめました。
チナ風精進唐揚げ
何とお肉ではなく椎茸を揚げて黒酢で味付けしてます。
適度な厚みと旨味があるからお肉のようでした。
鉢鉢鶏 四川よだれ鶏
金華ハム、牛、豚、鶏肉などの上湯スープで
低温調理した柔らかい鶏を仕上げに麻辣で味付けしてました。
姫の大好物、香菜(パクチー)が乗っているから、なおさら理想的な構成でした。
旬素材の春巻き
海老と黄韮の春巻きです。
しかも黄金にキラキラ輝いているのは、か・ら・す・み♪
醤油等の調味料につけずそのまま食べるとカラスミの塩気が良い味出しているのでした。
厳選赤身の極太“チンジャオロース
青椒肉絲って牛肉を細切りにする炒め物ですが、
ここのは極太のカイノミでアレンジしてました。
厚みがあるのに柔らかいお肉でした。
ポイエル エ サンドリ ゼロ インフィニート
なかなか珍しいボトルをオーダーしました。
イタリア・トレンティーノ州の微発泡の白ワインです。
ソラリス種というぶどう品種なのに、林檎のようなフルーティーさがありました。
気仙沼産フカヒレの姿煮込み 北京風パイタン煮込み
気仙沼の吉切鮫のフカヒレでした。
白湯スープになんと、コムタンスープを合わせてました。
焼肉店もやっているからこその発想が光ってました。
そして、濃厚なスープには後からご飯を入れてリゾットとして楽しむこともできました。
おかわりしたい程はまる味でした。
海老の黒チリソース イカスミと豆板醤のソース
ポップな盛り付けですよね♪
お皿の周りには、揚げニョッキと湯むきしたトマトが並べられていました。
中心には、イカ墨と豆板醤で味付けしたエビチリが盛られてました。
黒い色をしたエビチリは、食感を楽しんだ後にじわじわ辛味があってやみつきになりました。
サン ジュスト ア レンテンナーノ キャンティ クラシコ 2013
イタリア・トスカーナ地方の赤ワインです。
ブルーベリー系の香りの広がりがあるので、次からのお肉料理に相性良く感じました。
イベリコ豚とフレッシュベリーの黒スブタ
まるでクリスマスメニューのようなスペシャル感があります。
薄衣をつけて揚げたイベリコ豚を酢豚にしてます。
黒酢ベリーソースがジューシーな豚肉にマッチしてました。
和牛骨付きカルビの湖南唐辛子煮込み
6時間煮込んだカルビと消化に良さそうな大根を、
四川の唐辛子と甜麺醤で味付けしてました。
辛いだけでなく、カルビチムを想わすコクのある味わいでした。
濃厚卵の蟹玉チャーハン
うしごろと同じ良い卵を使用し、
ネギ生姜チャーハンの上にさらに蟹玉を乗せてました。
デザート4種
4人で4種類をシェアしました。
「杏仁豆腐 キンモクセイのジャムを添えて」、
「フレシュマンゴーのマンゴープリン」、
「凍頂烏龍茶プリン」、
「ライチアイスクリーム」
といった最後まで工夫を感じるお皿が続きました。
どれも中華らしさから大幅にそれてません。
はじめはさっぱり、メインに向かってゆくうちにこってりパンチを効かせ、
最後はまたさっぱりした流れに身を任せて正解でした☆
でも、まだ気になるメニューが単品で色々あったので、
また来たいです♪
恵比寿にて 高級食材 嬉ちーな ~姫心の俳句より~
『CINA New Modern Chinese』のオフィシャルサイトは、こちら

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.