画像: 肉バル カモショッタネギ 新橋店 (camo shotta negi )

肉バル カモショッタネギ 新橋店 (camo shotta negi )

どうも!
忘年会続きの姫です。
先日は、美容家のソンミちゃんと女子会をしてきました。
トゥ
外観
向かった先は、新橋にある『肉バル カモショッタネギ 新橋店』です。
店名が覚えやすいですよね(笑)
鴨肉とビオワインをウリとし、
美容と健康をテーマにしたお店だからか
この日はほとんど女性客が多かったです。
トッピングセット
お通しは、500円かかりますが、
なんとおかわり自由なのです。
パクチー、モーリョソース(刻み野菜とオリーブオイルとビネガーで和えたもの)、
ニンジンのマリネ(シェリービネガーで和えたもの)、国産青唐辛子のピクルス、
それにレタスが添えらえてます。
外食でメニューを見ると好きなものばかり頼んで、
野菜を忘れがちですが、
こうやって、始めに野菜が出てくるのは嬉しいですよね!
話題のパクチーまでたくさん摂取できてお得な感じがします。
しかも辛いのもあって姫的にご満悦♪
コッリ ロマニョーリ トレッビアーノ シャルドネ ルビコーネ
イタリア エミリア・ロマーニャ州の有機の白ワインで、
フレッシュでミネラル感が好印象でした。
自家製 鴨胸肉のハム
早速鴨料理です♪
鴨肉を輸入で安定供給するのは難しいのではと思っていたのですが、
こちらのは、国産で安心安全な鴨を厳選し、実現しているようです。
埼玉産「武州鴨」の肉厚な胸肉を使用し、低温で1時間火入れしたハムでした。
しっとりしていて、鴨特有の臭みがなく、脂ののり具合が適度でした。
こういうの女子会ウケ良さそ合うです☆
産直野菜のバーニャカウダ もろみ味噌ソース
お通しとかぶらない野菜をフレッシュなままいただきました。
ディップするもろみ味噌のコクがマッチしてました。
ブロシェット5種盛
新橋って焼鳥屋さんが多いですが、
これは、鴨葱、短角牛、サルシッチャ、鶏つくね、ハツといったバラエティ豊富な串もので、
個性を出してました。
ちょっとずつ色々食べたい女子にオススメです!
特に弾力ある武州鴨としゃきっとした葱の組み合わせがピッタリでした。
フォアグラバターのトースト
ガーリックトーストも良いけれど、
ここは鴨を得意とするからフォアグラでアレンジしているんですね。
濃厚なフォアグラがバターのコクと相性良く、パンが進みました♪

仔羊背肉のグリル
キムラブラム♪
鴨から浮気して仔羊もそそられました。
ジューシーで食べ応えがありました。
トマテキとセロテキ
テキーラを炭酸で割ってカットしたミニトマトもう1つの方はセロリをたっぷり入れてます。
野菜をつぶしながら飲むとそのエキスがフレーバーとなりました。
ワイルドな肉料理に合わすのにさっぱりしたこのドリンクが良い役割果たしてました。
鴨肉のボロネーゼ
また、鴨の戻ります(笑)
ミンチ状にした鴨肉とペンネの食感がちょうど良い感じでした。
お通しのパクチーを乗せると味のメリハリができてなお相性良く感じました。
揚げたて金時芋 はちみつバターと黒ごまをまぶして
大学芋みたなものですね。
素材の食感と甘さがちゃんと活かされていました。
おやつにも食べたい懐かしの味でした。
小笠原レモンとココブランマンジェ
小笠原レモンピールが乗ってます。
​ぷるんとしていて別腹におさまりやすいスイーツでした。
​お肉をしっかり食べ、
さりげなく野菜も並行していただけたから、
なんだかヘルシーな印象。
これまで鴨って、高級フレンチとか老舗の鍋などで出される
ハードルが高い食材のイメージがありました。
それこそ、もうすぐやってくるクリスマスのメインになるほど
晴れの日のご馳走的な存在。
それが、こんなに肩ひじ張らずに食べられるとは驚きでした!
鴨肉を 気軽に食べられ 良いかも ~姫心の俳句より~
▼肉バル カモショッタネギ 新橋店 店舗情報▼
所在地:東京都港区新橋4-18-4 村上ビル 1F
TEL:03-6721-5105

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.