画像: トリッパ 炭焼き&ワインのイタリアン 原トリッパ製造所 中目黒高架下にニューオープン

トリッパ 炭焼き&ワインのイタリアン 原トリッパ製造所 中目黒高架下にニューオープン

どうも!
広尾ウォーカーの姫です。
最近中目黒が出店ラッシュなので、よく出没しております。
今回ご紹介するのは、
また、中目黒高架下の新店です。
トゥ
『原トリッパ製造所 』外観
こちらは、11月22日に中目黒高架下沿いにOPENした
トリッパや炭焼き&ワインのイタリアンです。
内観
オープンキッチンスタイルでカウンター席、
奥にはテーブル席とムーディーなソファー席がありました。
高架下とは思えない奥行きがあります。
そうそう、なんか壁に置かれたポスターのイケメンさん。
中目黒駅にも貼ってあったような・・・
後程ご紹介しますね~。
一升瓶ワイン
「月山ワイン 農民還元 ヤマ・ソービニオン」のワイルドな一升瓶です。
山形県鶴岡市朝日地区産の山ぶどうとカベルネ・ソーヴィニョンの交配品種を
主体としてます。
はつらつとした酸味がある赤ワインでした。
お通し
オニオン入りの自家製フォカッチャがチャージ代500円でいただけます。
俺の生ハムメロン
これは昔からシェフが得意とする生ハム×メロンの再構築料理です。
メロン型の器の中には、メロンと生ハムを融合させたパンナコッタが入ってました。
バーニャカウダ
美しい盛り付けですこと!
鮮やかな野菜を胡椒とオイルをふんだんに使った個性的なソースにつけていただきました。
ポルケッタ 白
豚の丸焼きの味付けは2種類。赤と白から選べます。
白は、風味豊かなガーリックとローズマリー
そしてピリリとブラックペッパーをきかせ炭火焼にしたものでした。
豪快なお料理ですが、このようにスライスして提供されるので
お酒のおつまみに最適です♪
夕暮れに羊を連れ帰る羊飼い 赤
山梨県甲州市勝沼にあるワイナリー『シャトージュン』の赤ワインです。
山梨県立美術館所蔵のミレーの絵画をラベルと商品名に冠したシリーズです。
ベーリーAを主体としたフレッシュなタイプの赤ワインでした。
お店で置いてあるボトルを見て、日本ワインを応援していることがわかりました。
トリッパ煮込み フィレンツェ風 白
名物の牛の内臓を煮込んだものをチョイス!
柔らかく旨味がぎゅっと詰まったトリッパにほくほくの白いんげん豆が
マッチしてました。
原郁人氏とトリッパ煮込み カラブリア風 激辛トマトソース
キタ――(゚∀゚)――!!
広尾『イルメリオ』で腕を振るっていた原シェフの登場!
新たな試みで厨房に立っているのです。
こちらは激辛料理店ではありませんが、
姫好みの激辛バージョンもグランドメニューの中にありましたよ♪
辛さは、カラブリアの唐辛子を使用!
デフォルトの味を知ってから、比較してみたら、
辛い方もコクがあってやみつきになりました♪
他にも気になるパスタ料理などもあったのですが、
他のお店にも行かなければならなかったので、
ここまでで我慢しました。
ディナータイムのオープン17時30分に行き、お店を出るころには満席状態!
もう人気店と化してます☆
また、行かねば!
原トリッパ 内臓以外も 本格的 ~姫心の俳句より~
原トリッパ製造所のオフィシャルフェイスブックページは、こちら

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.