画像: 新潟の新巻鮭ーー!新潟市とスペイン・ビルバオ市の食の連携はじまります!

新潟の新巻鮭ーー!新潟市とスペイン・ビルバオ市の食の連携はじまります!

新潟の新巻鮭ーーー!!!
天現寺大使館でした。
スペイン美食の街 サンセバスチャンと並んで知られるビルバオ市×新潟市
食を切り口に世界中の美食家たちを動かすすごい取り組みが始まりまーーす!
新潟市長のプレゼン!
新潟市×ビルバオ市
食文化で繋がる国を越えた
地域連携の新しいカタチ
新潟市とビルバオ市で、料理人、生産者、行政の交流を深めて「食」で繋がって互いの地域を活性化して行く取り組みがスタート!
スローフードビスカヤ名誉会長のマリアーノ・ゴメス氏。
新潟市とスペイン北部のビルバオ市との連携
新潟市とビルバオ市は料理人の交流、生産者の交流、行政の交流を深めて「食」で繋がって互いの地域を活性化して行く取り組みがはじまります。
スローフードでは、牛、ひつじ、ヤギ、パン、チーズ、農作物等を伝統的な収穫で守り育てるコンセプトを持っておられ、伝統を守りながら、次世代に繋いでいくことを大切にされているということです。
そのために、子ども達を市場につれていく活動や、料理学校の運営、そしてパートナーを亡くして引きこもりがちなおばあちゃんを元気にするために、おばあちゃんのレシピや体操教室なども行っていて、そのような活動が新潟でも取り入れられたら素晴らしいですよね。新潟市長が力を入れて行っていらっしゃるプロジェクトなので、きっと近いうちに実現することと思います。
マリアーノ・ゴメスさんはスタートの時、ビスカヤの料理人10名を選び、素材の味を活かした料理方法を行っている京都に修行に行かせたそうです。
その後、そのシェフ達の中からミシュランの星を持つシェフも生まれました。
スローフードに登録をしている料理人達は地域の食材で旬のものを使うなどのルールがあるそう。
スペイン×新潟×東京のシェフ達のコラボレーション。
東京にはいろんな大使館ありますが、
#天現寺大使館 すごい!
食で世界と繋がる!地球を変えるイノベーション!
古田 秘馬さんは、丸の内朝大学や、六本木農園、レストランバスなど数々の社会を変えるイノベーションの生みの親❗️
ありがとうございましたー!わくわく!
#ビルバオ
#グッゲンハイム美術館
#新潟
#新潟清酒
#新巻鮭
ベジアナあゆ

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.