画像: 「島根・松江 国宝松江城と松江武者応援隊」

「島根・松江 国宝松江城と松江武者応援隊」

2015年、見事国宝へと昇格しました~!松江城です。
江戸時代やそれより前に建設されたままの姿を残すといわれる
現存天守は日本に12城あり、松江城はその一つ。
また築城の際の柱の特徴的な建築方法や、兵糧攻め対策の城中井戸、
現存している天守の中でも古い形をそのまま残しているとして見どころも多いのがこの松江城。
お茶をいただいた明々庵から武家屋敷が並ぶ「塩見縄手」を歩いて城に向かう途中、
色んな説明をしていただいたのが松江武者応援隊の皆様。
亀二郎さんから松江LOVE、お城LOVEが溢れてました。
先日ニュースで「こたつがそろそろ出ました~」とやっていた、お堀の遊覧船ものんびりと。
堀川遊覧船巡りも楽しいですよ。
塩見縄手を西側からぐるっとお城へ向かうと、お城の裏側から入る形になります。
こっちから入るの、初かも。
石垣。
石垣はカクンカクンと直角に曲がっていて、先が見通せないようになってます。
短いスパンで曲がらされる敵は、前で待ち伏せされていることにも気づかず、一網打尽になる仕組み。
この松江でほんとにそんなことが行われていたのかなぁー!
そして例にもれず曲がった瞬間上から狙いを定められました。
私はここでライフゼロ。
あわわわ・・・
お城とぴったり!
話し言葉とかもそれっぽくてなかなかです。
見た目だけじゃなくて知識量もハンパなくて松江の色んなことを教えていただきました。
松江城、後ろから。
横から。
中も見どころいっぱいです。
国宝になる最後の推しになった、「祈祷札」。
釘穴がぴったりと一致したこと、またそこに長年かけられていたため影が残っていたことが決め手となり、国宝指定されました。
研究者やお城の関係者、自治体の担当者、市民の長年の思いがこの1枚の木札に込められているので、ぜひここは見逃さないでくださいね!!!
祈祷札は松江城すぐ近くの松江神社から発見されました。
こちらも良く通る場所ですよ。
またこちらは屋根の上に乗っかっていた旧しゃちほこ。
大きさが良くわかります。またこれはレプリカではなく本物で、現在の松江城は資料館としての役割も果たしています。
木彫りして銅が貼ってあるの。木造しゃちほこでは日本最大。
2メートル以上あるので、ヒトの高さよりもずっと大きいですよ。
松江城に上るには階段を使いますがこれが結構急でつるつる。
足元には気を付けてください。
いざ敵が攻めてきた時に上から引き上げられるよう、軽い材質の桐を使った階段にしているとのこと。
とはいえ結構重たいと思うけど・・・、昔の人って力持ちなんだよなあ。
包板(つつみいた)。
細い木を何本かまとめて1本の柱にしている。鉄を使って補強したりつないだりして太い柱を作ること。
城にある柱の3分の1以上が包板構造になっている。
これねぇ、出雲大社の柱にもあって先人の知恵だと思うけど、太い柱がなくなってきていた時代に建てられたお城だから短くて細い木を使わざるを得なくなり、出てきた構造らしいです。
手前の木は一本丸太だけど他の柱はきれいな四角に揃えられていて面白い。
姫路城は地階から6階までを貫く大柱があるそうですが、松江城は2階分ごとを細かく支えている構造。
(引用:『松江城天守学術調査報告書』、『国宝重要文化財姫路城保存修理工事報告書』より)※松江市まちづくり文化財課 提供)
最上階まで上ると街が一望できます。
松江は高い建物も少なく、小高いところに建っている松江城があちこちから見えてシンボリックな存在です。
ここまでくると銅板張りの鬼瓦も目の前。
下から見るとこんなに小さく見えるけど。
今回国宝になってから初めての松江城だったんじゃないか私。
なのにぜんぜん時間なくって・・・、今度はちゃんとお城を目指して来てまわろう。
真田丸からもらった?扇子とかそんなものの展示もあったし、
あと、穴太衆(あのうしゅう)の話もしっかり聞きそびれた(笑)
一番角のとこは長い短い長い短いって石垣を積むから、崩れにくいんですよね。
松江城の石垣は、石垣マニアも垂涎の、ごぼずたれーの、野面(のづら)積み。
自然の石を加工せずに積み上げた無骨な感じがいいんです。
もっともっとお勉強せなー。
ということで、松江武者応援隊の皆さんの解説も素晴らしく、充実した松江城見学を終え城を後にしました。
亀次郎さん有難うございます!
宍道湖と浮かぶ嫁が島。夕日はほどほど。
少し加工しちゃいましたw
宍道湖でいい夕日を見たことがないなぁ~
---
・島根・出雲 神在月 着物で出雲大社
・島根・出雲 平和そばの絶品出雲そば
・島根・松江 明々庵 薄茶と三英堂・菜種の里、 彩雲堂・若草
・島根・松江 国宝松江城と松江武者応援隊
・島根・松江 八重垣神社 日本で初めて結婚式が行われた宮、鏡の池占い
・島根・雲南市 菅谷たたら山内と吉田町 鉄の歴史博物館
・広島県・庄原 国定公園の帝釈峡、 国の天然記念物の雄橋 サイクリング
---

love.exblog.jp

This article is a sponsored article by
''.