画像: 伊勢海老創作料理 伊勢海老しゃぶしゃぶ 眞か SHINKA@中目黒

伊勢海老創作料理 伊勢海老しゃぶしゃぶ 眞か SHINKA@中目黒

どうも!
鍋会のお誘いが多い姫です。
一昨日は、maxsix(マックスシックス)のデザイナーのMikioさんにお誘いいただき、
中目黒の伊勢海老創作料理店『眞か SHINKA』に行ってまいりました。
トゥ
外観
最寄り駅は、中目黒。
目黒銀座商店街の裏通りにあります。
ちょうど17日から新メニューの
伊勢海老しゃぶしゃぶコース(6000円)が始まったので、
それとペアリング(+2000円)をお願いしました。
微紅
広島の日本酒スパークリングで乾杯♪
色っぽい色をしていながら、甘さ控えめな和酒でした。
隠れた名産お取り寄せ逸品 じゃこカツ
こちらの器は、陶芸家とコラボレートした素敵な作品ばかりなんです。
割らないように気をつけねば!
このお皿は、備前焼 小皿(藤田昌弘氏)だそうです。
お料理は、愛媛の名産じゃこてんを魚のすり身を揚げたもの。
それをアレンジし、じゃこ天の表面に衣をつけて揚げてます。
スパークリングとの相性抜群でした。
伊勢海老と赤パプリカムースのミルフィーユ仕立て
お皿は、備前焼 正方形牡丹餅と火襷(伊勢崎競氏)の作品です。
伊勢海老のムースと赤ピーマンのムースをパイでサンドしてます。
ビストロの要素もあるお店だから、こういった発想ができるんですね。
小海老でも美味しいであろうムースを贅沢にも伊勢海老で作っていることに驚きます。
伊勢海老の仕入れルートを持っているからこそ、こんな細部にまで扱えるんですよね。
伊勢海老のラビオリ ほうじ茶風味
器は、古伊万里お椀 江戸幕末~明治です。
温かいお料理に適した器です。
伊勢海老のコンソメスープにほうじ茶の香りとかぼすで香りづけています。
そこに海老とラビオリが浮かんでます。
香りに癒される和洋折衷な一杯でした。
リュードヴァン ポムドール
長野のシードルをいただきました。
ガレットや牡蠣を食べる時以外にシードルを飲むのは久しぶり。
甲殻類にも合う爽やかなお酒でした。
伊勢海老しゃぶしゃぶ
伊勢海老と昆布出汁、そして白ハマグリで旨味を凝縮させたスープでした。
そこに、伊勢海老の頭と能登の自然栽培の野菜を加えます。
伊勢海老と伊豆の金目鯛を軽くスープにくぐらせていただきました。
ごま油ポン酢と伊勢海老味噌ダレ(+柚子胡椒、白味噌、マスタード)と
抹茶山椒特製塩の3種をお好みでつけていただきました。
ちなみに、お刺身にもなりそうな魚介類が乗ったお皿は、
木村硝子多重円形デザイン皿でした。
しゃぶしゃぶのメインヒャ、身が引き締まった海老、
脂の乗った金目鯛、
どちらも日本の素材の素晴らしさを感じる逸品でした。
最後は、とき卵と葱でおじやにしていただきました。
素材のコクが出た滋味深い〆でした。
誕生日サプライズ モンブランとアルガ ブランカ ドース
真由美さんの誕生日サプライズがあり、
『ラ・プレシューズ』のケーキを特別にご用意いただきました。
そして、最後に甲州勝沼のデザートワインで甘味の余韻を楽しみました。
個室で鍋を囲いアットホームな会となりました。
中目黒 めでたい鍋を囲って 温まる ~姫心の俳句より~
眞か SHINKA オフィシャルサイトは、こちら

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.