画像: フェスタインビニール畑の収穫祭。新しいフェスが生まれて土地の祭りが消えてゆく中で

フェスタインビニール畑の収穫祭。新しいフェスが生まれて土地の祭りが消えてゆく中で

フェスタinビニール!
ビニールハウスでのフェスでした。
練馬区大泉学園の白石農園さんといえば、東京×農業(都市×農業)で知らない人はいない先駆的体験農園の実践者で、風のがっこうなどの活動であらゆる賞を受賞されています。
昨日の東京は好天に恵まれたこともあり、ハウスの温度計は27度!
初冬のビニールハウスがこんなに温かいとはびっくりしました。
誘ってくれたぐっさんはTシャツ1枚になり、
梅津和時さんという有名なサックス奏者のバンドや、
知久寿焼さんの歌でノリノリになりなったりしんみりしたりした。
途中ライブのお休みタイムがあって、そのときは畑へ出てにんじん掘りをしました。
「100円で1人2本です。どの大きさになるか自分で株元を見て選んでください」というゲーム感覚の収穫体験で、
わたしも真剣に選んでまあまあの大きさのにんじんを手に入れることができました。
ところで産地の体験のわりに、2本で100円は決して安くない。
販売していた野菜もブロッコリー200円、パクチーも3束200円で、いずれも安くはない値段設定だったので(もちろん高くもない)、
もしかしたらそれは白石さんの考え方なのかもしれないとも思った。
「安い!」ことに感動してほしくないというアンチテーゼなのかもしれないなとかいろいろ考えた。
買ったパクチーをポテサラとともにつまんでワイン〜
フェスタinビニール
野菜入れエコバッグを買いました。
ネギを吹く人。So Fresh...サイコーー。
フェスの最中も、パクチー畑で収穫する白石さん。
「とれたて野菜」の販売コーナーで販売。ほんとうのとれたて!
ライブでは知久さんの歌があまりにもよ過ぎてわたしはビールとワイン飲んだせいもあってのりながら泣きたくなった。
#電車かもしれない
#セシウムと少女
最後に白石さんが出てきて1曲歌った。
会場となったハウスは昨日まで小松菜がなっていたそうである。
その真ん中だけを一掃して会場にして野菜の出荷ケースをひっくり返してイスにして、両端にはまだパクチーと小松菜がなっていて、野菜の呼吸のある中でのフェスでした。
わたしの友達にも農家、生産者はたくさんいるけれど、
自分ちの収穫祭を自分の畑やハウスでできている人はどれだけいるだろうか。
自分のハウスで収穫祭をやれる白石さんは幸せな農家である。
と同時に、その実現までに一体どれだけ闘ってきたことだろう。
都市近郊で農業を続けると土ぼこりだとか、臭いだとか、近隣から言われることも多い。
白石農園のある練馬区大泉町は、和光市に近い場所なのだけれど、立派な住宅街である。
このフェスも実は数年前、騒音や大勢の人で警察を呼ばれ、翌年は開催を見送ったこともあったそうだ。
そういうことをわかっている仲間が集まって、
最後に白石さんが出てきて1曲歌った。
風のなんとかというオリジナルの歌のようだった。
サックスの梅津さんは、このフェスの校歌みたいなものだと言っていた。
16時半、日暮れとともに終演です
帰り支度をしてハウスの表に出たら、
さっきまでステージ側で歌っていた白石さんが、もう販売コーナーにいて、その動きの速さにびくりしました。
オータムポエム100円とブロッコリー200円を買いました。
明日から「ジャパンハーヴェスト」なるイベントが国をあげて東京駅丸の内周辺ではじまります。
ハーヴェスト=収穫である。
都市に農産物をもってくることは一つ大事なことなのだけれど、生産者や産地の不在になっていなければよいなと願います。
そして、本来はそれぞれの農家の畑に親しい仲間が集まって好きな楽器を奏でたり踊ったり歌い合えるような祭りが、その土地の本当の収穫祭だったのではないか。
あちこちで新しいフェスが生まれて、田舎の祭りが消えてゆく。
畑の、その土地の祭りにわたしは行きたい。もしないのなら作らなくてはいけないのだろうけれど、たぶんそれは自分の仕事じゃないだろうとも思いました。ふふふ。人まかせ〜風まかせ〜。
日本じゅうの世界じゅうの農園の祭りに行きたいなあ。
誘ってくれたぐっさん、ありがとう〜♡
ベジアナ@あゆ

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.