画像: カレーですよ2391(神宮前 ヘンドリクス カリー バー)心震える料理たち。

カレーですよ2391(神宮前 ヘンドリクス カリー バー)心震える料理たち。

次のお店に移動するのがなんだか辛くなって来たぞ。赤出川さんのお店BLAKES(GHEE)でそんな言葉が口をついて出たばかりだっていうのにね。
カレーですよ。
そんなことを言いながらハシゴカレーです。
だって、次の店もスペシャルな店だから。
「カリーバー ヘンドリクス」
何度来てもいい店だなあ、と思い知らされる場所がここです。先ほどのBLAKES(GHEE)に続いて、このお店もカルチャーシーンで重要な伝説店です。
仕事などでお会いすることも何度かあって顔を覚えていただいている(光栄!)若林さんのあたりの柔らかい笑顔。それと裏腹、渾身の力と気持ちとアイディアを込めた料理の数々に驚かされることもしばしば、そういうお店です。
センス抜群の酒のつまみや食事とカレーの数々。どれを食べても唸らされるんだよなあ、ヘンドリクスは。
この日の魚タンドール焼きは北海道のサンマでした。
オリーブオイルをかけ香菜を散らすシンプルな仕立てなのですが、そのシンプルさの中に繊細な味わいが宿り、震えるような味だったんですよ。
うーん、これだから気が抜けない。心して挑みたいよねえ。
カレーは茄子と梅干しのカレーを。
酸っぱく仕上がったドライタイプ。
肴にもなり得るよね、と思わされる繊細なのに強い個性と主張ある良カレー。
本ビノス貝のダール。これもいいんです。
まず貝のダール、というところで一回ノックアウトを食らうでしょ。ダールで貝。全く想像がつかない。聞いたことない。避けて通れない!
そうやって選んで、食べてもう一度ダウンを取られます。だって、うまいんだもん、ものすごく。強い貝出汁が素晴らしくてサラサラのスープタイプで、そのスープの底に豆が沈んでいます。クリアスープに近い粘度感じないスープタイプのダールはまだまだ日本では珍しい部類に入ると思うんですが、それを貝で仕立てるとはねえ。なんちゅうセンスだ。サイコーだ。
そのうますぎる味にプレッシャーを感じるほど圧倒され、呆然としました。カレーではないよこれ。でも味噌汁、すまし汁でもない。なにでもないよ。そりゃあそうだ。だってこれは「ヘンドリクスの料理」なんだもん。ほかのなにものでもないんです。打ちのめされるのです。
キーママトン。
どこがキーマなの?と事情を知らない人はそう聞くかもしれないつぶつぶのビッツ。パーティクルではなくビッツという感が強い粗挽きを越えた荒いマトンキーマなんですよね。旨味がすごいです。すごい、すごい。手間をかけることによってなし得るマトンのクセを抑えた上品な美味しさ。
マトン嫌いに食べさせてみたいなあ。気がつかないんじゃないか。ワイルドなのにどこか上品さを感じるひと皿でこれまた凄みを感じます。
ナーン。
ナーンはあまり頼まぬボクなのですが、ここでは頼まないと損をした気分になるんです。
それくらいうまいの、ナーン。パン類ということになるので、野菜など注文してサンドイッチのようにして食べるのはおすすめです。
つまみ、みんないいんです。お酒すすんじゃって困るねえ。困らないねえ。
白レバー炙り刺し。旨いです。
希少部位の白レバーを炙り刺しとは恐れ入るねえ!
ほろり、ふわりでワインがすすむのですよ。
ラム肉のメンチはね、これはもう本当に、ダメ、食べないと。
これを食べ忘れて帰り、それをひとに話すとその人にため息をつかれちゃう。そういうひと皿です。気をつけろ!カレーを頼んでごはんにかけて、そこにこれを乗せる。そんなことをしてはならないのです。そんな贅沢をしたら明日から何を食べて生きていけばいいか、人生に迷うこと間違いなし。嘘だと思ったらやってみてね。責任は取りません(笑)
とにかくそんな美味しいものばかりを肴に世は更けていきます。
神宮前のカレーハシゴは伝説の店2軒をハシゴする贅沢なことになってしまいました。
こりゃあもうこのシリーズ、続けるしかないよね。そういう話で盛り上がります。
カレーハシゴチームの友情が深まっていく夜でした。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
http://www.tabearuking.com
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等は iizka3@gmail.com
(@を小文字にて)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
2016/1/1、著書「カレーの本」が刊行されました。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69) / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら http://about.me/hapi3
Instagramはこちら。 https://www.instagram.com/hapi3/
Vineはこちら。7秒動画です。 https://vine.co/hapi3
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。カレー中心。 http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ 「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

rdsig.yahoo.co.jp

This article is a sponsored article by
''.