画像: 帝国ホテル『嘉門』新メニュー

帝国ホテル『嘉門』新メニュー

こんにちは。 先日のことになりますが......長年愛され続けている帝国ホテル東京の鉄板焼き『嘉門』さんで、9月にスタートした新メニュー‟桔梗門”をいただいてきました。カモン繋がりの“家紋”をあしらったランチョンマットを愛でながら、まずはアンリオのブラン・ド・ブランで爽やかに乾杯♪ 杉、松、波、大根、芭蕉、柏など......縁起がよくストーリーがある6種の家紋が取り揃えられています。 野菜のチップスをつまみながら、今回担当してくださる渡邊シェフにご挨拶を。こちらの店舗では、どんなに混んでいようと一組に1シェフがついて、しっかりおもてなししてくださるという徹底っぷり。 メインのお肉と野菜は、繊細な柄と鮮やかな色彩が目を引く有田焼のお皿にのって登場します。厳選フィレ肉のみならず、鮮やかな野菜や海の幸がふんだんに盛り込まれたこちらのコース、同ホテルの女性チームがメニュー開発に携わっているというから納得。しなやかな感性が随所に散りばめられているワケです。 サラダはチアシード入りの豆乳と西京みそのドレッシングでいただきます。真鯛はカダイフで巻いて、オマール海老の香ばしさが凝縮されたブイヨンで♪これまでの鉄板焼きではあまりいただけなかったオリジナリティあふれるメニューが続きます。そしてメインとお野菜が目前で華麗に焼き上げられていきます。今回のナスは『美ナス(ヴィーナス)』という徳島産の甘味があってとろっとしているナス。ホクホクした食 ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.