画像: 鉄板フレンチビストロ 『オー・ギャマン・ド・トキオ』@恵比寿

鉄板フレンチビストロ 『オー・ギャマン・ド・トキオ』@恵比寿

どうも!
広尾ウォーカーの姫です。
先日恵比寿の人気フレンチ『オー・ギャマン・ド・トキオ』に行ってきました。
白金の方は行ったことがあったけれど、恵比寿店は初♪
どんな創作フレンチが出てくるか楽しみです♪
ブリュット カルト ノワール エドモンド シュルラン
まずは、シャンパーニュで乾杯♪
カウンター席だからシェフ達の動きが見られてわくわくします。
オーナーシェフ木下威征氏
横向きも素敵!
木下シェフに会いに来るお客様もいるほど、人気がある方なんです!
とうもろこしのムースと生ウニ
木下シェフのスペシャリテです。
ほんのり甘いとうもろこしのムースに雲丹の塩味でバランス取れてました。
北海道厚岸産生ガキ、エシャロットヴィネガーぽん酢
大好物の牡蠣はフレッシュな大粒タイプで、
さっぱりとしたお酢のタレでいただきました。
2013 リースリング レ ビネール
フランス・アルザスのリースリング100%の白ワインをいただきました。
魚介が続くので良い流れです。
百合根と鱈の白子のグラタン
百合根のホワイトソースに白子のクリーミーさがマッチしてました。
超希少!フレッシュポルチーニのカルパッチョ
大きくて新鮮な茸を
スライスしたミモレット、パルミジャーノと一緒にいただきました。
トリュフのふわふわスフレオムレツ(秋トリュフ)
こちらもスペシャリテです♪
卵二個で四人分です。
卵の白泡立てて、鉄板でロールし、ソフトな仕上がりにしてました。
1人ずつのお皿に、
アカシアはちみつと白トリュフオイルそして秋トリュフスライスをかけてました。
この食感にうっとりしてしまいます!
牛ほほ肉の赤ワイン煮(+フレンチフライ)
なんて柔らかいお肉なんでしょう!!!
2、3日間崩れない程度ぎりぎりまで煮込んでいるからなんですって。
また、旨味を濃縮したソースがポテトにも合ってました。
クンプフ・エ・メイエー 2015
アルザスの辛口タイプの赤ワインです。
お肉に合わせやすいワインでした。
熟成和牛のLボーンステーキ
炭火で豪快に焼いてカットして提供してました。
香ばしいお肉にタスマニア産粒マスタードがピッタリでした。
パンチェッタと秋トリュフの炊き込みご飯
秋トリュフだけでなく、白トリュフも加えてくださいました。
パンチェッタを炒め、玄米と白米をブレンドして炊いた炊き込みご飯に、
醤油に漬けたうずら卵とWトリュフを乗せてました。
お腹いっぱいなのに、お代わりしたくなるほどはまる〆ご飯でした。
フレンチといってもこういった炭水化物もあるから、
「フレンチってお腹いっぱいになるの!?」っていう先入観がある男性にも喜ばれそうです♪
グレープフルーツのヨーグルトスムージー
カジュッタという機械を使い、
グレープフルーツの皮は器に実はドリンクに使用したヘルシーなデザートでした。
GAMINのどら焼き
鉄板でオーダーを受けてから作る手作り感が良いです。
ふんわりした生地に味醂の甘味が程よいどら焼きでした。
モンブラン風みぃたらし団子
スタッフの田中美衣(通称み〜ちゃん)さんが
毎回作っている創作スイーツの新作です。
お名前を覚えてもらえるようにみいちゃんとみたらし団子をかけてます^^。
素敵な企画ですね。
栗の粉を混ぜたお団子は、温かくて、
焦げ目をつけた栗の甘露煮と、栗のペーストで作った"栗餡"を添えています。
秋の味覚をみぃつけた♪(キャッチにしてほしい。w。)
4人で行って色々食べられたのですが、
まだ他にも気になるメニューがいくつかあるので、
また行くときは、複数でうかがいたいです☆
恵比寿にて クリエーティブな 鉄板フレンチ ~姫心の俳句より~
オー・ギャマン・ド・トキオのオフィシャルサイトは、こちら

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.