画像: 栗スイーツ約40種❗️ウェスティンホテル東京「ザ・テラス」の「マロンデザートブッフェ」がすごい!

栗スイーツ約40種❗️ウェスティンホテル東京「ザ・テラス」の「マロンデザートブッフェ」がすごい!

栗スイーツ い〜〜〜っぱい!恵比寿ウェスティンホテル 1階「ザ・テラス」にて、10月1日から11月31日の平日15時〜17時「マロンデザートブッフェ」が開催中です。 しかも!!︎ 10月がファーストステージで、11月からメニューチェンジの2ヶ月開催⇨ http://www.westin-tokyo.co.jp/news_1509それもそのはず。「平日5日間開催のうち、週に2〜3日お見えになる方もいる」!熱烈なファンを持つ、鈴木一夫シェフのスイーツブッフェ、栗スイーツ約40種❗️今年も見逃せません〜。マロンスイーツの定番「モンブラン」をはじめ、伝統的な世界のフルーツやチョコレートなどがマロンでアレンジされています。 おいしいもの食べたら「もっと食べたい」って思うのは当然ですが、正直、「おいしいから」食べられる。上質素材で、確かなセンスのスイーツだから量も食べられると思うのです。食べ手が感じる「シェフのセンス」って人それぞれの意味があるかと思いますが、鈴木シェフは見た目の美しさ、トータル(陳列)の迫力、ホテルとしての品。どの角度から見ても素晴らしいと思います。そして「単品のおいしさ」と「ビュッフェとしてのおいしさ」を追求された品も多いです。例えば、栗+生クリームの鉄板・定番も栗の滑らかさと香りが十分に活きており(これだけでもオイシイ)マロンクリームを堪能できるシューもあれば、 見た目「栗ケーキ」なカップの中には・・・ 濃い抹茶ムースで 和のスイーツ風にアレンジ。素材では豆乳ベース、赤いベリーやヨーグルトを合わせるなどバラエティ豊か。グラスパフェやココットなど見た目も違って楽しい。「器の形・パッケージから発想するものも ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.