画像: カレーですよ2379(初台 和魂印才たんどーる)信頼。

カレーですよ2379(初台 和魂印才たんどーる)信頼。

本当にここだけの味ってのはあるもんだねえ、としみじみ思う店があるんですよね。
そんなに多くないけど、確実にある。
カレーですよ。
ボクがそれを強く意識する店が初台にあります。まだ新しい、でもずっとやっているお店。
沼袋でスタートして、初台に移転になり、すでに人気の店です。
「初台スパイス食堂 和魂印才たんどーる」
名前が長い?いやいや、この名前にこそこの店の魂が込められています。
和魂印才。和魂洋才という言葉は知ってますよね。ここ、たんどーるは和の魂に印度の才が込められているのです。
塚本シェフとは仲良くさせてもらっています。本当に惚れ惚れする腕とセンスの持ち主で、でもそんなことおくびにも出さずに淡々と仕事をしています。
店は現在、水木金のランチと金曜のバータイムのみの営業。金曜夜の営業は店主が一人で回すのでメニューは限定、種類少なめですが良いものだけが出てきます。
さて今日のランチ。
来て、隣の人の皿をのぞいて、その日のメニューを読んで、本当にいつ来ても何度来てもやっぱりいい店だなあ、と再確認するんです。もうね、条件反射で思ってしまう。
いつ行っても他と同じ味が絶対しないここだけ、塚本シェフだけの世界があるよなあ。
この日の料理の数々もまさに和魂印才という味、インド料理が源流でありながら強く和に寄っていて本当に楽しいのです。
「鶏挽肉の梅キーマカレー」は気分のよい酸っぱさ。酸味のいやなエッヂが立たないのは和の食材と塚本シェフの腕前があるからでしょう。今日のボクのからだはどうやらこれを一番欲していたようで、とてもおいしい。すごくおいしい。
「根菜の黒ゴマカレー」はたんどーるで必ず頼みたくなる好みの味なんです。唯一無二を感じるオリジナリティ高いもの。ラムでこのグレイヴィがすきな組み合わせなんですが、今日の根菜だけでまとめたこれ。これほどの満足感と幸せをくれることに驚きを隠せません。クセ強いごぼうが実にうまくバランスしていてちょっと感激します。
「豚肉と大根のジンジャートマトカレー」がこの日一番当たりがやわらかい優しい味でした。アメリカの田舎の家庭なんかですーっと出てくるポークアンドビーンズ。あれのスパイスの配合を変えて上質にして仕上げたようなひと皿。これもちょっとスプーンが止まらなかったなあ。
付け合わせの中で、パプリカとピーマンと切り干し大根のスパイス和え、すごくよかった、好みだった。切り干し大根の食感と旨味は知ったものであるはずなのに、とても新線に感じるんですよ。
塚本マジックに翻弄される充実のランチタイム。こりゃあまったく贅沢な時間です。
仲良くしてるし、友達だぜ、と思ってるんだけど、偉大な男なんだよなあ。
なんだか不思議だなあ、こんなすごい男と親しく喋れる仲だなんて。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
http://www.tabearuking.com
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等は iizka3@gmail.com
(@を小文字にて)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
2016/1/1、著書「カレーの本」が刊行されました。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69) / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら http://about.me/hapi3
Instagramはこちら。 https://www.instagram.com/hapi3/
Vineはこちら。7秒動画です。 https://vine.co/hapi3
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。カレー中心。 http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ 「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

rdsig.yahoo.co.jp

This article is a sponsored article by
''.