画像: 9/24、パリから銀座に初出店!フレンチ「ティエリー・マルクス」のディナーへ

9/24、パリから銀座に初出店!フレンチ「ティエリー・マルクス」のディナーへ

2016年9月24日 、GINZA PLACE(銀座プレイス)に パリ2つ星シェフ、ティエリー・マルクスによるフレンチレストラン「THIERRY MARX」がオープン。 フレンチ好き4人で、OPEN1週間後のディナーに伺いました。ティエリー・マルクス氏は、パリの2つ星「シュール ムジュール パール ティエリー・マルクス」(マンダリン オリエンタル ホテル パリ)の総料理長で、(ティエリーマルクス氏/公式HP) ブーランェジェリーでのアルバイトがきっかけで料理人になり、「タイユヴァン」、「ジョエル・ロブション」「アラン・シャペル」といったフランスを代表するレストランで最高のシェフたちと共にキャリアを積まれました。 さらにオーストラリア、シンガポール、タイなどでもご活躍され、常に驚きと感動をもつ料理で、シェフ・総料理長としてミシュランガイドで5度星を獲得〜「星の請負人」とも呼ばれているお方です。 そんな素晴らしいお方の東京初出店。OPEN前からすでに話題、フレンチ好き4人で、OPEN1週間後のディナーに伺いました。 一言で言うと「銀座フレンチの魅力を再確認」とでも言いましょうか・・・「さすが」と思うところがいくつもあります。 要は「女性が好むツボ」をおさえているのですよね。 例えば内装。全体が白く清潔感にあふれ、照明とソファに温かみがある。外の空気感がわかる窓には華やかさもあり、落ち着いたマット感とのバランスがいい。お料理はコースが2種。 ●3種のグリッシーニ(胡麻、チーズ、玄米)風味豊かでサクサク。スプーンには、玉ねぎとトピナンブール。パンドエピスの香りが良く、シャンパンにも合うスターターです。 ●小松菜とシイタケのチップ、平目のタルタル見た目は小ぶりですが、みっちりと平目が敷かれ食べ応え十分●貝/キャビアバランスがいい。彩り、香り、食感、量、そして温度。貝のムースはあさりのお出汁とジュレ。ふんわり。鶏のムースのトーストは温かくキャビアがたっぷり。「様々なお料理を口の中で同時に味わう」というコンセプトを表現した緻密な計算がされおいしさでした。 ●フォアグラ/うなぎフォアグラのポワレに、燻製した鰻。強いものと強いものの組み合わせは、合うと美味しさの相乗効果が高いですよね、これもそう。 でも、必ずそこには強さを緩和させる「何か」が入っていて、ここでは青りんご。甘酸っぱさが最高のハーモニーを生み出していました ●買って帰ったほどおいしい「ブリオッシュ 」、これもスペシャリテのひとつ ●一番のスペシャリテ「もやしリゾット」。これが食べたかった〜 お米は一切入っていません。よーく見てね、笑もやしと旬素材スープ(この日はセップ茸)です。庶民的な野菜の代表格もやしで、こんな一皿ができるなんて。とてもおい ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.