画像: 炭火焼肉 なかはら(市ヶ谷)

炭火焼肉 なかはら(市ヶ谷)

いろんな焼肉屋さんを食べ歩いているが、
これほどまでに、肉にこだわり、保存と仕事にこだわり、
焼きにこだわる職人を見たことがないかもしれない。
それが、三ノ輪「七輪」から市ヶ谷に移転した「なかはら」だ。
七輪の頃から、そのこだわりぶりは凄かった。
だがしかし、今回タイミングが良かったのか、
ご主人の中原さんが、ほぼ席につき、肉についての説明や、
焼きに至るまで、完璧なまでに仕上げてくれた。
そう、「仕上げ」という言葉を敢えて使いたい。
焼肉屋さんというのは、せっかく良い肉を、良い仕事(処理や包丁など)をして
テーブルに出しても、食べ順や、焼き具合によって、
台無しにしてしまうことも多々ある。
だが今回、完璧なまでに「仕上げ」ていただいたおかげで、
良い肉を、一番美味い状態でいただけたのではないだろうか。
まるで寿司屋に来たような不思議な感覚になれる焼肉。
2014年に移転し、いい感じに店も熟成している。
「焼肉とは料理である」と証明している。
ブランドにとらわれず、ひたすら質のいい食材を見抜く選択眼とは何なのか。
ここの肉を食べると、それを思い知らされる。
ちなみに、この店のスペシャリテに、「幻のタン」というのがある。
これは、予約時にオーダーしても、
当日、仕入れられず「今日はありません」ということもある。
本当に質のいい最高級のタンは、1日わずか数本しか出ず、
入って1本入るか入らないか。
だから幻なのだ。
黒毛和牛の希少な幻のタン(写真)。
この日はラッキーなことに、ついに食することが出来た。
タン先、ゲタ、タン元、という3種類が、
一人一切れずつ、写真のように盛られてでてくる。
まずは、タン元から。じっくりしっかり、焼き目をつけ、
そのまま一口。
すると、歯がさっくり入り、肉と肉の隙間から口の中いっぱいに、
まさに溢れんばかりに、水のようにサラリとした肉汁がほとばしる。
続いてタン先。
タン先というのは本来、硬くてあまり良いイメージがない。
しかし中原さんこだわりの極薄にスライスし、仕事し、
そして、さっと炙るように焼いていただくと、仰天の旨さ。
タン先には、独自の旨味と野性味があって、実はタン元よりも
脳天を直撃する旨さがあるのだと、これを食べて知る。
さらに、タンの裏側のスジがある、ゲタ。
余計なスジが綺麗に処理されてるため、これまた癖になる旨さ。
今まで食べてた牛タンは何だったのか。
同じタンなのに、ここまで違うのかと思う。
この後、サーロインや赤身など、極上の肉が、
一切れ一切れ、丁寧に出てくる。
どれも美味い。
途中で、入る、名物の肉寿司も最高。
酢飯は肉に合わないと、研究の結果、生姜と合わせたジンジャーライスにしたという。
途中、お口直しに、コリコリ食感のポン酢料理(恐らく軟骨)が出てきたり、
もはや焼肉屋ではない。完全に肉を扱う、割烹や寿司屋だ。
そんなお店。
但し、お任せのスペシャルコースの場合、
お値段も、焼肉屋を完全に凌駕、寿司屋並みなので、ご注意を(笑)
★お知らせ★
すずきB著「浮気とは午前4時の赤信号である」、紀伊國屋書店など、全国の大手書店やAmazonにて、絶賛発売中!

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.