画像: 「島根・吉賀町 古民家訪問、森の間(もりのま)おにぎりランチ」

「島根・吉賀町 古民家訪問、森の間(もりのま)おにぎりランチ」

島根県の石見地方のツアーに参加してきました。
もう何度か行っていますが、島根県も結構広くてまだまだ知らない場所もあります。
今回は私も初・・・と思われる場所にも沢山行きました。
そんなアナタも島根行ったことないー、とか言いながら、
すっかり島根のことが気になって気になって仕方なくなっていませんか!
今回のレポートでも、ぜひ新しい島根を好きになってほしいと願いながら書きますよー。
さて島根県の石見地方に行く時は、もしかしたら萩・石見空港(益田市)を
使うと便利かもしれません。
全日空が飛んでます。
島根って横に長ーーいのですが、今回は左半分ネ。
ベージュに塗ったところに行きました。
そして最初の目的地はオレンジ色の「吉賀町」です。
このエリアは赤瓦の屋根をたくさん見ることができます。
出雲地方にも瓦の家はたっくさんあるのですが、赤瓦の家よりも黒瓦の方が多いんですね。
一方、石見へ来ると一気に赤い屋根になるんですよ!
これは石州瓦と言う、この地方の名産。
高い温度で焼き締めた固い瓦で、愛知県、兵庫県淡路と並んで日本三大瓦なのです。
田んぼの緑とのコントラスト、
海とのコントラストもキレイですよ!
(2014年の記事より)
そしてもうひとつ、吉賀町へ行く間ずーーーっと、私のお隣にあったもの。
それは清流高津川(たかつがわ)。
水量が多く常に水が流れているため淀むこともなく美しい川です。
車で移動しながら撮影した写真なのでわからないと思うのですが、ずーっとどこまでも透き通っています。
透明度高いです。
台風が通り過ぎている時だったので・・・、うーんお天気わるい。。
途中、星がきれいで有名な日原の天文台も見えました。
天文台には大きな望遠鏡がありますよ。
ロッジもあって満天の星の下で泊まることも出来ます。
今回の旅の一番最初の目的地は吉賀町にある「森の間」。
広島から移住してきた女性、フルカワさんが住む古民家です。
島根県鹿足郡吉賀町には高速道路・中国自動車道が通っているので、
比較的広島には行きやすいエリアです。また町をあげて有機農業に取り組んでいて
少量多種の野菜作りを行っている吉賀町は広島にアンテナショップを出店しています。
農村であるからこそ出来るサスティナブルな農営方法で一目置かれる存在。
きっとそんな中で森の間のフルカワさんも吉賀町のことを知ってくれていたのでしょうね。想像ですけど(笑)
残念ながらの台風の影響による大雨で、色々と計画いただいていたことは出来なかったけれど、
彼女の豊かな生活の一部を見せていただく機会となりました。
移住生活というのは、地域の人々、殊に昔からその場所に住んでいる人たちに
理解され溶け込み、助け合うことができないと難しい・・・、
私もそれくらいは地域活動に関わるはしくれとして知っているのですが、
彼女はそれが自然に出来ていて腹も座っていて、
自らが楽しむだけでなく地域の中の自分の役割を自然とわかっている。
そんな方でしたね、ステキでした。
そして私たちのように都会から来る客に対して、
山間地域で不便で誰も知らない人ばかりの場所で暮らすという事実を真正面から、
そして生き生きとした姿で、むしろ今までなかった沢山の物を手に入れた喜びを
きちんと見せてくれました。
もちろん大変なこともあって、大変なことの方が多いのかもしれないのですが、
それを大変と思わない強さを感じました。
飾るわけでもなく本質。
無理せず自然体。
正直、生まれた時から地方で暮らしていて、この境地に入れる人ってなかなかいない。
あらゆるものの良いところと悪いところを見たからこそたどり着ける、
仙人みたいな人だわ・・・と地方出身者の私が申しております(^^)
フルカワさんのお話聞きながら手作りランチ。
すっごーい美味しかったんですよ、まだ9月だったので今年初新米のおにぎり。
つやっつやで最高でした。
吉賀町のお米、東京でも購入できる機会に恵まれ一度購入したことあったのですが、
なかなかおいしいですよ!
新米ならなおさらですよ。みずみずしくて甘くておいしーいおにぎりですよ。
さんかくおにぎりは吉賀町の新米、俵型おにぎりはフルカワさんが作ってはざかけ(天日干し)したもの。
昔ながらのすっぱーーい、しょっぱい梅干し。これがイイ!でもすっぱい!
そしてこちらです。
野生の草(笑)
野草です。
私いくつかわかりましたよ。でも知らないのもあったなぁ。
そして自信がありませんが名前書き込んでみました。(野草を独断で摘んで食べるのはキケンです)
これらは近所で摘んだものだとか。知っているのもあるけど食べられるとは知らなかった!
天ぷらをいただきながらのー、
流しそうめん!
きゃっきゃと。
大人だらけのそうめん大会スタート。
わさびの産地でもあるのです。
在来種わさびを石で擦るというレア体験。
季節の変わり目を感じさせる、自然の中での満足ランチ。
親戚の家に遊びに来たような寛ぎ感。ツアーが始まったばかりというのに最初から
のんびりしちゃいました・・・
草木染を見せていただきまして、ここにもまた自然の恵みを感じました。
雨は止みませんが、次の行程へ。
ありがとうございました!森の間、今度泊まりに行って囲炉裏囲んでみたいな~
---

love.exblog.jp

This article is a sponsored article by
''.