画像: TOKYO Whisky Library(トウキョウ ウィスキー ライブラリー)表参道にOPEN

TOKYO Whisky Library(トウキョウ ウィスキー ライブラリー)表参道にOPEN

どうも!
呑兵衛の姫です。
お酒好きの方に朗報!
ウィスキーのバー&ラウンジ「TOKYO Whisky Library(トウキョウ ウィスキー ライブラリー)」
が10月3日からオープンします。
早速プレオープン期間に取材で潜入しました。
トゥ
外観
場所は、表参道の南青山サンタキアラ教会の2階にあります。
内観とウィスキーリスト
1,000種の世界のウイスキーボトルが並んでます。
まさに図書館のようでした!
しかも、ウィスキーリストまで分厚い本なのです。
ウィスキーを見上げる圧巻の席も良いですが、
奥に10名入る隠れ家的個室があります。
3万円以上の支払いであれば個室料はかかりません。
例えば6名で一人5000円計算で割り勘したらその条件はクリアできそうですね☆
スモーキーハイボール
同席者からウィスキーのロックを嗜ませてもらいつつ、
姫はシグニチャーウィスキーカクテルを頼みました。
スコットランドのキルマーノック発祥“ジョニーウォーカー”と炭酸でハイボールを作り、
アイランズのシングルモルトウィスキー“タリスカー”のスプレーをかけて
よりアロマを楽しめました。
ちなみにお酒は、1杯1300円位からあり、
バーチャージがかからずサービス料は10%かかります。
夜遅くまでやっているから、ふらっと1杯というのもアリですね☆
テッドモアンヌ
花びらのような形に削るチーズです。
ウィスキーのおつまみに適してました。
燻製うずらと燻製マヨネーズ
ウィスキーは、燻製料理に合わせやすいので、
こういった香り豊かなタイプもいくつかありました。
プールヴァディア
バーボン、カンパリ、スイートベルモットといった材料を樽の中で
2週間エイジングかけたカクテルでした。
柑橘に合うカンパリがもっと大人びてました。
スモークサーモン
テーブルの上で蓋を開けるので、スモーキーな香りを楽しめました。
カフェロブロイ
コーヒー豆をひかずにドリップに入れ、
グレン、モーレンジ、ラサンタ、アンティカ・フォミューラ、
アールグレイリキュール、カンパリ、グレープフルーツピールをドリップし、
その後ミキシンググラスによりステアしているそうです。
複雑な素材が合わさり、深い味わいでした。
記念写真
赤ワインビネガーを寿司酢にした牛握り寿司を持ちつつ、
ハイポーズ♪
照明がムーディーなお店だから、カメラの画像調整大変でした(笑)
国産熟成牛Lボーンステーキ(ハーフ)
系列の『NoMad Grill Lounge』と同じところから仕入れている
北海道の30日間熟成した骨付きステーキをいただきました。
欧風ビーフカレー
〆は炭水化物を♪
肝臓に良さそうなカレーをいただきました。
この他お食事系はウィスキーをかけるパスタもありました。
スコットランド名物マッカランクラナカン
ベリー系、ウィスキー、オートミールとホイップを使ったスコットランド名物を
アレンジしてました。
お店のコンセプトに合ったデザートでした。
フォンダンショコラ
チョコレートもウィスキーに合いますよね~。
ということでこちらもお酒と共に味わいました。
ビスキュイカクテル
ジョニーウォーカー・ゴールド、ベイリーズ、
ミルク、ビスケット、シロップ、
ブレンダーで撹拌し、ボストンシェイカーでシェイクシェイク♪
そして上からココアパウダーをかけてます。
まるでティラミスのようなデザート感覚のカクテルでした。
テイスティング
まだ飲むんかい(笑)
富ヶ谷のBean to Bar Chocolate専門店『Minimal』の板チョコレートを
4種類のウィスキー(山崎、メイカーズマーク、マッカラン、ボウモア)に
合わせていただきました。
香りの広がり方に驚きました!
表参道 ブームで終わらぬ ウィスキー文化 ~姫心の俳句より~
『TOKYO Whisky Library』のオフィシャルサイトは、こちら

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.