画像: NoMad Grill Lounge(ノマドグリルラウンジ)@ 赤坂・東京ガーデンテラス紀尾井町

NoMad Grill Lounge(ノマドグリルラウンジ)@ 赤坂・東京ガーデンテラス紀尾井町

どうも!
最近赤坂に行く機会が多い姫です。
ここ数か月で赤坂は食通が好みそうなお店が増えてます。
7月27日には、
旧赤坂プリンスホテル跡地の「東京ガーデンテラス紀尾井町」に、
ルーフトップバー&ラウンジとステーキハウスがOPENしました。
その名も、「NoMad Grill Lounge (ノマドグリルラウンジ)」!
トゥ
ルーフトップバー
アーバンライフを楽しめる雰囲気ですこと!
妄想族にはたまらない空間です。
ダイニング、バーも構え、
軽く1杯からデート、ご接待、パーティーシーンなど幅広く利用したくなります。
モエ エ シャンドン ブリュット アンペリアル
萌え~☆
いきなりシャンパンで乾杯♪
大人の贅沢ざます!
ケールのグリーンサラダ セサミヴィネグレット
姫ったら、食物繊維を摂取することを心がけておりまして、
ケールのメニューがあると、絶対頼むのです。
こちらのは青汁でよくイメージされる苦みが少なくて食べやすかったです。
本日の国産フレッシュオイスター 1ピース
かき☆ガールなので、こちらもマストオーダー!
クリーミーなこの牡蠣を1ダース(12個)は食べたいけれど、
他にも頼んだからぐっと我慢しました。
ルーウィン エステート アートシリーズ リースリング
前菜に合わせ、フルーティーな白ワインを嗜みました。
パン
パスタで使われるようなデュラムセモリナ粉を練り込んだパンでした。
皆、おかわりするほどはまるパンでした。
スライスしたての淡路島猪豚生ハム 17ヶ月熟成 ルッコラ添え
しっとりソフトな猪の肉質にびっくりしました。
“旬” 熟成牛とウニとキャビアのカルパッチョ
ウニと牛肉のマリアージュは最近はやっているのはわかるけれど、
さらにキャビアまで乗ってます!
系列店にシーフードをウリとしたお店があるので、
仕入れルートがあるからこそできる気前のいい発想だなと思いました。
オマールエビのビスク カプチーノスタイル
濃厚なスープにトウモロコシのエスプーマをかけてました。
なめらかな舌触りでした。
ニュートン クラレット
ベリー系のアロマとスパイスの香りの融合が見事な赤ワインでした。
そろそろ皆様の大好物、メインディッシュのお肉が登場します。
こちらでは、本日の特選和牛(北海道、熊本県産など)、熟成牛(群馬県産)、
熟成松阪ポーク、本日の骨付きラム(ニュージーランド産)といったお肉を
専用のセラーで良い状態で保管してあります。
熊本県産褐色和牛 Tボーン
旨味がしっかり保たれた絶妙な火入れです!
見た目より柔らかくて感動的でした。
北海道黒毛和牛 トマホーク
皆でシェアだからまたしても豪快なお肉を頼みました。
今度は、斧型のお肉です。
お肉には、かんずり、柚子こしょう、刻み山葵、八丁味噌とフォンドボーといった
個性的な調味料をつけていただきました。
辛味系もあるから良い味変になりました。
サイドディッシュ
〆に3種類のご飯ものを頼みました。
ひと口ビーフカレー、ガーリックライス、黒トリュフリゾット
といったステーキの後に食べるのに、欲するものばかりでした。
DJブース
この日ルーフトップテラスでは、
DJ TAROさんの後輩さんがBGMの演出をしてました。
程よいテンポでお店に合ってました!
記念写真
ダイニングからテラスの方に移動して、
スイーツタイム♪
パティシエ特製デザート
フォンダンショコラにアイスが添えられていました。
温かいチョコレートケーキに冷たいアイスの組み合わせがたまりません!
こうして、ムーディーな雰囲気の中、
肉食男子女子、魚介好き、スイーツ好き皆の心身を満たすのでした。
そして、親戚のようなお仲間と楽しく過ごせました(笑)
NoMad Grill Lounge (ノマドグリルラウンジ)のオフィシャルサイトは、こちら

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.