画像: 和食 旬菜 おぐら家@池尻大橋

和食 旬菜 おぐら家@池尻大橋

どうも!
外食続きの姫です。
たまには家でご飯を食べようと思っていたら、
両親が仕事帰りにどこか食べに行こうと誘ってきたので、
三人で久々のディナーを楽しむことにしました♪
トゥ
外観と内観
246沿いにある和食屋さんです。(両親は、和食が大好きなもので^^)
個室、カウンター、テラス(静かなお客様なら。。晴れた日のみ。要予約)席があり、
ご接待からお子様連れのご家族など、
幅広いシーンで来たくなるお店なのです♪
謙信 2合
本日のおすすめ冷酒18種の中から選びました。
飲みやすいタイプの新潟の日本酒でした。
お通し
いちじくの白和えです。
塾したいちじくの甘味と大豆のコクが相まって、
始めに口にするものとして優しさに溢れていました。
お料理は、おまかせコースが5,400円からありましたが、
単品で頼みたいものがたくさんあったので、
一つ一つ好きなお皿を両親と協議して決めました。
鳴門の鮮魚!刺盛
新秋刀魚は、北海道産で、
それ以外(ハリイカ、生さば、藁カツオ、鯛、マコガレイ、こち)は、
鳴門海峡から三ツ星レストランの某店と同じルートで仕入れているそうです。
そう考えると、こちらのお店は高品質な食材を比較的低コストで、取り揃えているのですね。
秋鴨と白神クレソンのサラダ
名だたる料理人と連名で野菜の本を出されている店主だからこそ、
クレソンの味付けも上手!
身がしっかりした鴨とクレソンを醤油ダレが結んでました。
甘鯛サクサク焼き
表面のパリパリした鱗まで食べられ目から鱗な逸品でした♪
秋鱧と松茸のお椀
上品な出汁に浸っている旬な素材たち。
ふっくらした鱧と香り豊かな松茸、相乗して至福でした。
海老真丈 湯葉蒸し
海老真丈に湯葉を巻いて銀餡がかかっていました。
オールシーズン食べたいほど、のめりこむ味でした。
松茸の炊き込みごはんとぬか漬け
この日のお漬物は、胡瓜と大根と長芋でした。
お食事と一緒に浸かり具合の良い3種類をいただきました。
炊き込みご飯は、山口産の松茸と秋田のお米の香りが土鍋で融合し、
また食欲がわきてきました。
おこげまで一粒残らず堪能しました。
もなかアイス
特注のパリッとしたもなかに自家製アイスをはさんでました。
食後の甘味にまでこだわりを感じました。
池尻で 家族と再訪したい 名店増える ~姫心の俳句より~
『旬菜 おぐら家』オフィシャルサイトは、こちら

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.