画像: カレーですよ2362(上石神井 サイゼリヤ)カレー味のメニュー。

カレーですよ2362(上石神井 サイゼリヤ)カレー味のメニュー。

サイゼリヤ、よく使いますよ。
ちゃんと時間帯とお店を選べばそんなにうるさくないし、便利だし、おいしいし。
原稿進むし。
カレーですよ。
サイゼリヤのごはん、おいしいよね?ボクはおいしいと思います。
特別なレストランには特別のおいしさがあります。日常使いのレストランには日常でのおいしさがあります。それでいいと思います。あたりまえだよね。
そんなサイゼリヤ、数が多いし、ってことは商圏や導線と時間帯で雰囲気や静かさが違ってきます。学校のそばは放課後になると高校生が来るので原稿書きの時は避けてみる、とかガラの悪い土地の深夜は同じく避けるとか、そういう生活の知恵を身につけて日々原稿に向かっています。なんかファミリーレストランとかにいると妙に原稿が進む時があるんですよ。それでよく使うんです。
この日はあまり使わない時間帯、ランチタイムにたまたま時間をつぶさねばならないことになりました。高井戸のスズキアリーナ杉並に定期点検とサービス点検と呼ばれるリコールのちょっと手前、みたいな作業がはいって3時間くらいかかるということで。台風のまっただ中タイミングになってしまって、ハスラーには自転車を積んで動けるようにしてきたんですが、、
そうしたらディーラーの担当さんが「代車、あきました。使ってください」といってくれて。助かったなあ。荻窪のお医者に行って、そのあとせっかくだから原稿を書こうとやってきました。
あれっ!ランチで
「チキンカレーのドリア」
なんてあるんだ。へえ、知らなかった。
まえもカレードリアやってたことあったよなあ。たのんでみようかな。
おなじみのミラノ風ドリアの上にチキンカレーソースをのせたものですね。基本、チーズやドリア部分の味が勝っており、イタリアンレストランであるサイゼリヤとして、このバランスは正しいと思います。そんなにカレーカレーしてません。辛さも控えめで、それはそれで悪くないんですよ。
これにランチのドリンクバーをつけても格安のお値段だもんねえ。いうことないよね。
ごはんはこういうのも悪くないです。スキですこういう感じも。
毎日がハレというのも疲れちゃうし、そのハレに慣れすぎるとろくなことがない、というのもなんとなく感じています。
さて、おなかはおさまったので、このままお仕事。雨を眺めながら原稿を書きましょう。しばらくしたらスズキに自分のクルマを取りにいきましょう。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
http://www.tabearuking.com
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等は iizka3@gmail.com
(@を小文字にて)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
2016/1/1、著書「カレーの本」が刊行されました。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69) / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら http://about.me/hapi3
Instagramはこちら。 https://www.instagram.com/hapi3/
Vineはこちら。7秒動画です。 https://vine.co/hapi3
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。カレー中心。 http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ 「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

rdsig.yahoo.co.jp

This article is a sponsored article by
''.