画像: 東京練馬でブルーベリーの手摘み体験!やまはちブルーベリー農園へ

東京練馬でブルーベリーの手摘み体験!やまはちブルーベリー農園へ

なんでも体験主義です。 今日は無農薬ブルーベリーの手摘み体験〜 これ、「都内で」できるのが嬉しい 練馬区は「農のある練馬区」の魅力を積極的に発信されており、JA東京あおばと協力体制のもと平成17年から農園の整備をどんどん進められてきました なかでも練馬区って、ブルーベリーの名産なんです。ブルーベリーって、とあるアンケートによると日本で作られている果物のイメージが少ないそうですが、日本どころか東京23区内、練馬区で31の農園が存在します 今回は 練馬区「やまはち農園」さんへ〜http://yamahachi.main.jp/picking/ たわわに実った野菜や果物をその場で収穫して食べる。私にはとても良い刺激になるんです。やまはち農園さんブルーベリーは全て無農薬 ブルーベリーの持つ甘さと香りが引き立つ品種が約300本 ティフブルーバルドウィン ブライトウエル ホームベルフェスティバル パウダーブルー チャンドラー オンズロー コロンバス タイタン ドレイパー オーロラ ピンクレモネード リバティ ヒューロン 太陽や風や水や土〜自然の恵みを五感で感じながら「食べる=自分の一部になる」素材の味を知っていること、調理の技術を知っていること、それらは料理人さんの技術の凄さを多方面から体感できると思うし、生々しい実体験があってこそ「食べ手」として発言できるって思っています。シニア野菜ソムリエとしても重要だと思います 園主 加藤正八 氏の奥様、恵子さんと 練馬区は関東ローム層という酸性の土壌。これってブルーベリーの生育に適しているそう。さらにブルーベリーは他の作物に比べ農薬を抑えた生育が可能なので、 ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.