画像: 岐阜の各務原キムチ取扱店 cafe 山猫軒

岐阜の各務原キムチ取扱店 cafe 山猫軒

どうも!
先日岐阜に旨辛激辛な食材探求をしに行った姫です。
その時にどうしても食べたかったのが、
「各務ヶ原キムチ」!
いくつかネットで取り寄せたことはあるのですが、
それを扱っているお店や縁のある場所を訪れることにしました。
トゥ
各務原市役所前駅
各務原は、地域の活性化を目指し、各務原キムチで「都市(まち)おこし」をしてます。
なぜキムチなのかかというと・・・
トゥ
各務原市役所前駅近くの風景
韓国・春川(チュンチョン)市との姉妹都市交流がきっかけでした。
春川市が舞台となったあの韓流ドラマ「冬のソナタ」のロケ地に近い場所があるのです!
そして、キムチを各務原の特産にしようという試みが始まりました。
各務ヶ原キムチ
地元のスーパーやお取り寄せでこういった商品が売られています。
春川市との交流が縁となったことから、「人参」と「松の実」を入れることを条件としてます。
「人参」は各務原市の特産で、「松の実」は春川市の特産であることから
キムチによくあう2つの食材が入ってます。
千切りにした人参のシャキシャキ感と松の実の香ばしさがキムチに合っているので、ナイスアイディアだと思いました!
では、飲食店さんではどういった工夫がなされているか
実際に食べに行ってきました。
トゥ
cafe 山猫軒 外観
名鉄新鵜沼駅の近くにあるアットホームなカフェで、
「各務ヶ原キムチ」の、のぼりを発見!
姫と岐阜友
学生時代お世話になって友人が今岐阜にいるので
その親友を誘ってランランランチ♪
こちらのお店『cafe 山猫軒』は、
可児市の栗本農園から野菜や果物を仕入れているそうです。
ランチではその野菜サラダがついてます。
各務ヶ原キムチかつとじ丼
小鉢やスープまでついてます。
お昼からかつ丼ってボリューミーですが、
とろとろの半熟卵のところに各務ヶ原キムチも入っているから、
重たい印象がやわらぎます。
がっつりしたお肉とキムチのニンニクでスタミナがつきました。
飲食店さんで、こういったご当地キムチの創作料理を味わうのも良いですが、
家庭でもキムチを漬けるような取り組みがあるそうです。
韓国に行って作り方を教わったので、おさらいをしたくなりました。
各務ヶ原 キムチ好きの 聖地かな ~姫心の俳句より~
▼cafe 山猫軒 (カフェ ヤマネコケン)店舗情報▼
所在地:岐阜県各務原市鵜沼南町5-31-3 ホワイトシャトー勝野 1F
TEL:058-370-1668

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.